2019年08月11日

違い棚を作ってみよう(2:これまでのまとめ)

前の記事は、追記していったものを切り出して独立させただけでまとまりがない。書いた時から時間もたってしまったので、どうしたかったか整理しておこうと思う

kuri90-17.jpg

こんな棚を作る。奥行きを書いていないが、90mm とかの薄いものを考えている。目的はあまりにも多い小物の置き場所。設置場所は、カラーボックスの中になるかも知れない。

目的から言うと見栄えなどどうでも良いのだが、せっかくだから趣向を凝らしてみようとこうなった。

デザインのイメージは、床の間のところの違い棚だが、家具にも違い棚がある。テレビ台のイメージも含めて考えた結果である。

    最初の構想では奥行 15〜18cm にしようかと思ったのだが、材料が倍必要なので、まずは薄型からにした。デザインからだけ言うと薄型のほうが、違い棚らしい。

違い棚自体は、若干奥行を短くする。が、90mm しかない場合は、5mm とか僅かになるかも。天板は側板ぴったりである必要はない。はみ出すようにしてもかまわない。テレビ台などは、そうなっているものが多いし、家具の違い棚にしても、そんな感じのものも多い。また、側板を使わないことが多く、支柱を使っている。収納するためのものではなく、ディスプレーするためのものなのだ。そういうのも考えてはみたいが、今回はパス。

下の部分が 45mm もあるが、ここに上にハネ上げる扉を付ける。乱雑にものを置いたりしてると、この部分のアクセス性が非常に悪くなるだろうということで、下駄を履かせたイメージなのだが、やっぱりなにか置けるようにしたい。家具の違い棚だと、引き出しだったりするのだが、開けるのが難しいかも・・・というわけでこんな風に考えてみた。
続きを読む
posted by すz at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記