2017年11月09日

Sunvell R69



cnx-software.com に Sunvell R69 という Android TV-BOX が紹介されている。この TV-BOX は、allwinner H2 採用で 非常に安価なもの。Gearbest でクーポンを併用すると $19.99 で買えるそうだ。写真は本体だけだが、AC アダプタと 本体より大きな赤外線リモコンが付属する。
コネクタ類は、2面のみ。主に後ろに集中していて、サイドは microSD と 2つ目の USB のみ。こういう所は使い勝手の点で悪くないと思う。

なんでこんなものを取り上げたかというと、OrangePi Zero, Nanopi DUO と、H2(+) 採用のものを取り上げてきたため。記事のコメントのリンクを見ると、既に armbian が対応している。

スペックを見ると

    Memory – 1GB DDR3
    Storage – 8GB flash + micro SD
    Video - HDMI 1.4 , AV port (composite video + stereo audio)
    Network – 10/100M Ethernet, 802.11 b/g/n WiFi (via XR819 chipset)
    USB – 2x USB 2.0 ports
    Power Supply – 5V/2A
    Dimensions – 9 x 9.5 x 1.8 cm

全部入りという感じで、コスパは良い。メモリが 1GB あって flash も付いている点は、ポイントが高い。紹介だけしておく。

    ちなみに、RK3229 採用の A95X R1 も同価格帯の TV-BOX で、同じように紹介されている。しかし、Linux を動かすといった話はさかんではないようだ。Sunvell R69 は、OPi Zero の armbian をベースにしたら、すごく簡単に動かせたのだろう。

    フォーラム見てたら、OPi Zero だけではなく、Beelink X2 など、H3 のイメージファイルとかが起動してしまうらしい。その際に問題になったのが、最大クロック。(後述)




内部写真 (armbian フォーラムより)

思ったよりは、内部のコネクターが多い。4pin のデバッグ用シリアル、隣の 5pin なんだろう? 裏面にはカメラ用と思われるコネクタも(18極だから違うかも)。



左下の QFN-20 のチップは 3 出力の DC-DC コンバーター。取り囲むように 1.5uH が配置されている。1.5uH が使えるということは、2MHz とか相当なスイッチング周波数。ダイオードがないことから同期整流型と分かる。こんなチップがあったんだと感心した。
探してみたが、LTC3569 ? 3mm角で 1.2A + 0.6A + 0.6A 出力。--- ちょっと出力が足りないような気も。

右上の 空きパターンは、おそらく Wifi+BT チップの AP6212 -- QFN44 で アンテナのそばにある。XR819 が使えなかった時用かな? ついでに書いておくと 左の空きパターンの中にあるのが eMMC Flash 。これの代わりに (低レベルの) Flash チップ も 使えるようになっている。OSでの扱いが面倒になるから eMMC を採用してくれて幸いであった。

RJ45 は、トランス外付けのタイプ。OPi Zero は、PoE の配線のためだが、これは背を低くするだけが目的のようだ。

メモリは 4つ載る。シールに 512*4 という 印刷が。本当なら 2GB になってしまうのだが? XR819 という印刷も意味深で、AP6212 モデルの可能性を示唆している。

 ・http://linux-sunxi.org/Sunvell_R69
  Vcore 電圧変更には対応していない。1.2V 固定なので 1008 MHz まで。
  
    OPi Zero と Nanopi DUO は、1.1V/1.3V の切り替え。

  microSD カードからのブート優先。

Vcore 電圧は、1.3V だと 1.2 GHz まで動作するらしい。標準の 1.2V だと 1.2GHz では暴走してしまう。1008 MHz までという条件は重要で、他の機種用のイメージファイルを流用すると、この条件に引っかかる場合がある。

サイドの USB は HOST だが、後ろの USB は、OTG に接続されている。Device として使うには、OS で なにか指定しないといけないと思うが、FEL の機能を使うためには、ボタンなどハード的な指定手段が必要になる。U-BOOT と書いてあるボタンがそれらしい。SDからブートするのだから FEL が必要だとは思えないが、一応メモ。




そう言えば、allwinner H2+ 採用の SBC がもうひとつ増えている。



Banana pi M2 Zero という機種で、cnx-software.com でも紹介されている

見ての通り、Rasberry pi Zero W 対抗である。価格は $15 (送料別) で少々高め。HDMI とカメラ・インターフェイスが付いている点、さらに Wifi+BT(AP6212) が付いている点は良いのだが、SPI-Flash は付けられない。あと、Wifi+BT用のアンテナが多分付属していないし、チップアンテナでもない。USB HOST, Ether , AV-OUT もない。

一応紹介だけしておくが、OPi Zero や Nanopi DUO とは、遠い存在。むしろ、TV-BOX の R69 の方が OPi Zero /Nanopi DUO に 近い印象がある。





さらに、何か出てきた

 ・Tritium IoT – Allwinner H2+ quad core Cortex A7 processor with Mali-400MP2, 512MB
 ・Tritium 1GB – Allwinner H3 quad core Cortex A7 processor with Mali-400MP2
 ・Tritium 2GB – Allwinner H5 quad core Cortex A53 processor with Mali-450MP2

だそうで。PCB は共通のように見える。H2+, H3, H5 は、同じパターンでいけるらしいのだ。共通なゆえに残念な点は、GbE が使えず 100M Eth のみという点。あと Rasberry Pi3 とデメンションが互換。

同じものは、もういらないので買わないが。

興味深い点としては、Ethernet コネクタ。Opi Zero と同じく トランスレスのコネクタに、トランス外付けのようである。・・・あの小さいので良いのか。あと、電源チップ。たぶん AXP シリーズ。AXP209 は持っているのだが、バッテリー充電機能+2スイッチング電源。確か バッテリー充電機能がない代わりに 3スイッチング電源の型番があったように思う。


追記 2019/3/4

Sunvell R69 だが、随分前に後継機が出ていた。RAM 2GB ROM 16GB 。一応 機種名は Sunvell H3 TV BOX のようだ。一応 現時点で aliexpress や gearbest から購入可能。$25 - $28 ぐらいの価格帯で、売れ残りの R69 よりむしろ安かったりする。

    さすがに H2+/H3 は これで打ち止めだろうという気がするが、ひょっとしたら H5 版が出るかも知れない。期待などしないが。

armbian のフォーラム もあって、多少の情報がある。

内部の基板写真を比べてみた。



面白いことにシールには R69 と書かれている。

それはともかく、コネクタの配置だとか、ネジの位置だとか かなり互換性があるようである。OS イメージも R69 のものがそのまま動いたとか。ただし、大きな違いが1つ。ROM が eMMC ではなく、NAND FLASH なのであった。昔は当たり前のように使われていたが、いまどき採用した機種を見るとは思わなかった。

これを利用するには、全然違うドライバやら ツールやらが必要で、めんどくさい話になる。まぁないと思って触らないほうが無難だろう。

さて、後継機のほうも UART のパターンに加えて、謎の 18P コネクタのパターンが付いている。ちょっと気になった。

18P がフルサイズだが、12P のコネクタも付くようになっている。ピッチはたぶん 1mm 。TV BOX に付けたいもの? 思うに表示器なのではないだろうか? SOT23-5 の空きパターンもあって、バックライト用の昇圧IC用にも思える。

調べれば GPIO として使えそうな気がする。

とりあえず気になったので追記した。
posted by すz at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181520898
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック