2021年09月08日

木工ストーリー(3)

次の構想

ダイソーの200円化粧板(300mm x 450mm 15mm厚) を使った、適当な棚を作りたい。四つ角に 30mm角の杉の荒材(1m)。接続方法は、角材のほうに 10mm の溝を掘り、化粧板の方 15mm x 30mm の切り欠きを入れて組む。そうすると化粧板が角材に 25mm 食い込んだように見える。これを全部の段でやる。外れないようにネジも使うし、接着剤も使うが、ぐらぐらしないためには、加工の精度が重要そうだ。

どれだけの高さにするか何段にするかは未だ決まっていない。場合によっては縦に2つつないで背の高いものにするかも。また落下防止のための板も付けたい。これを強度メンバーにするのかどうか?なども未定。まぁ変な棚にはなりそう。

しかし 3cm 角 なんかで作ってどれぐらいのものを載せられるのだろうか? かなり不安なのだが。・・・そういえば、作った小さな台は私が乗ってもびくともしない。これを積み重ねても、垂直に荷重をかけるだけならば、同様であるはずだ。ぐらぐらするようなものを作らない限り大丈夫な気がしてきた。

変な棚とか書いたが、溝を掘って 棚板を嵌めるのは「大入れ加工」、「大入れ継ぎ」と言っておかしなものではない。普通は棚板まで彫り込むことはないようだが、やっぱり彫り込みたい。サイド短辺方向に角棒を付けるとして、前後方向のぐらつきを抑えることが出来るはずだ。左右方向は溝頼り。どうしても不安な出来なら、背板を付ける。しかし、わざわざこういうデザインにして補強を付けたら格好わるい。落下防止だと強弁できるようなものにしよう。

で、落下防止のための板を兼ねて、杉の胴縁?(45mm x 13mm) にも少し溝をつけて、最上段と最下段に嵌める。これも前後方向のぐらつきを抑える効果があるはずだ。棚板の掘り込みを 12mm に変更すると、棚板の端から角棒の端まで 7mm 。胴縁 の真ん中に 深さ 6mm の溝を掘ると角棒と端があう。これは、後で嵌めれば良い。角棒との隙間ができないよう精度を高めて、角棒とだけ接着。棚板とガチガチに接着する必要はないはず。これを全段に入れても良いが、 別途考える。今のところ段数が奇数なら目の字に入れるつもり。

ところで、設置場所は物置の中の予定。色に凝るつもりはないのだが、防虫だけには気を付けたい。杉の部分はステインを塗って薄くニスで仕上げる。化粧板は断面にウッドシールを塗り込む。見栄えを良くするための加工は特にしない。

とりあえずは、3cm角棒でひとつ試作してみる。物置なので床にも物を置く。棚の間隔は別に不均等で構わない。ちょっと大きいもので 22cm あれば事足りる。狭いところは、12cm でも構わない。

とりあえず、24cm (22.5cm ) 2段 14cm (12.5cm) 3段とすると 90cm 。角棒は 上下 10cm ほど余る。
胴縁?(45mm) を上下に置くので 上に15mm は必要。溝から 15mm だと 角棒が割れるかも知れないので 30mm 残すとすると 余りは残り 7cm 。合計 5段になるが、底板を置かないので 棚板5枚 ということ。あまりは上方向になる。下は 22.5cm の脚ということに。それは長すぎる気がするので、最下段は狭い方にして、さらに 1cm づつ増やし、下から 15cm 25cm 25cm 15cm 15cm (あまり 5cm)の位置に 棚の上面が来るように溝を掘ることにする。 多分胴縁を付けた後なら、その上は切ってしまっても問題ないだろう。
後は、棚板を 凹型に彫り込む場所。端から 20mm は残したい。しかし 前後に 20mm も角棒から飛び出ることになる。角棒の方を 5mm でも彫り込めれば良いのだが、全部やらないといけないし、5mm 残して溝を掘らないといけないので のこぎりが使えない。超面倒。角棒の溝さえ掘れば仮組みはできるので、それを見て決める。 

製作開始

化粧板が確保できたので材料はもう揃った。まずは角棒の溝堀りに挑戦。
#120 でざっと削って、4本を3か所クランプ。曲がっているものもあったが、挟み込んで締め付ける。その上でもう一回 #120 で出来るだけ平面になるようにサンディング。次にボールペンで墨入れ。忘れていたが、脚を同じになるように 5mm ほど切って切りそろえるようにする。その分も墨入れ。なぜか上部の余りは3〜4cm ぐらいになった。自作定規を当てて溝を掘ることにしたが、深さを一定にしたいので、6mm の MDF を定規の下に置いて 定規を 15mm 厚にした。そうすると目いっぱい押し込んで 11mm の深さになる。予定とは違うが確実な方法にした。ノコを入れるのは両端を慎重に、内側2本適当に。残った部分は簡単に削り取れる。その後、木工やすりで成形。手持ちの曲尺が15mm幅なので、これが入ればOKなのだが。慎重にやりすぎて一つも入らなかった。木工やすりで削ったが、少しナナメにすれば入るぐらいにしておいた。最後に脚を切りそろえる。9mm 厚の定規で 17mm 。後は手ノコで切り落とす。

ここまで失敗したのは、大きめの割れが2か所。完全に割れてないので、接着剤を塗りにくい。ここは普通の瞬間接着剤で止める。あと、最上部の1か所がちょっと欠けた。

さて、4枚を直線に掘ったわけだが、1234と番号を打って

2  3
1  4

と配置した場合、左右それぞれは綺麗にはまるはずだ。だが、直角になっていない場合、12 と 34は逆の角度だから2倍の角度でねじれるはずだ。完全に直角とか無理だから遊びを増やしてでも調整してやらなければならない。どうしよう。

よくわからないが、逆順に並べて、クランプして再度けずる? まぁとにかくやってみる。
・・・やってみたら予想以上に直角だった。ぴったりというわけにはいかないが、再度削ってほぼ直線になった。わずかに遊びがあるところはあるが、だいたいキツ目で修正できた。

次に 胴縁?(45mm x 13mm) も 15mm 幅の溝を掘る。1m ぐらいのものがあるので、切る前にノコを通しで入れる。深さ調整はストッパーにまかせる。なんか深さがマチマチな上 7mm 以上掘ってしまったところも出来てしまった。ここは見えないし、あまり気にしない。

これは後で補強みたいな感じで入れる。現物合わせで切ってから溝を仕上げる予定。

さて、もう組んでしまうことが出来る状態になった。なんか化粧板のほうの切り欠きいらないのでは?面倒だからやめようかという気になっている。まぁ仮組みしてから決めよう。仮組みだが、一回全部ねじ止めする。で、片面外して接着剤を付けて、またねじ止め。その前に接着するところの目止めをしないといけない。あと角材の面取りと#240 サンディング。やることは沢山あった。またねじは40mm以上のものを使いたいが持っていない。買わなくては。

    ねじを使う場合はクランプ代わりに締められる半ねじを使うべき。なのに持っているのは全ねじばかり。今回使うのは ねじのない部分が 19mm 以上のタイプが望ましい。探したら ダイドーハント 万能パワービス というのが見つかった。50mm のものは ねじ部が 30mm で それ以外が 20mm 。モノタロウでは 1袋(80本) が 229 円。12mm の板を止めるには、38mm 。ダイドーハント は DCM なのでちょっとホムセンを見てこよう。他にダイソーで 半ネジのコーススレッドがある。65mm 一種類。他に 木ネジ皿セット19−50mm というのが半ねじばかりのセット。どちらも近場のダイソーにあるような気がしないが、一応見てみよう。

    ところで、カラーボックスのネジは全ネジ以外見たことがない。気にしてなかったが、止める板の下穴の径が大きいので問題ないのだろう。場合によっては、このやり方にするかも。

    接着剤も検討したい。どうもタイトボンドはパーティクルボードの接着は苦手のようだ。粘度が高くてしみこまず、乾燥であまり痩せなくて硬度が高いものが良いはず。・・・となれば、セメダイン コンクリメントか? いや、それならエポキシ接着剤。5分硬化型では一度に10か所の接着は厳しいが、時間がかかるタイプならいけるだろう。 コニシ ボンドEセット が90分で硬化開始と書いてある。試してみたい。

    とか書いたが、一度に接着するのは、5か所だった。3本が仮にでも嵌っていれば、1本の位置決めには手間取らないはずだ。普通の側板取り付けとは全然違う。ひょっとしたら、ダイソーの5分タイプでいけるのでは? 今は硬化時間10分と記載されている。硬化開始はやっぱり5分ぐらいなのだろう。

    とりあえず見に行ってきた。ダイソーに希望のネジはなかった。25mm, 32mm まではいろいろあるのだが。次ホムセン。そのものはなかったが、半ネジ 45mm,56mm は売っていた (メーカー YAHATA)。100円の少量パックで、45mm は 8本。56mm は 6本とちょっと少ない。いつでも買えるので購入せず。接着剤もみたのだが、品ぞろえが思ったより悪い。ボンドEセットはなかったのだが、セメダイン PM165-R HI というのがあった。コンクリート、金属、木 と書いてある。変性シリコーン系で水分で硬化するタイプ。無機物 70% なので、多分石のように硬くなる。硬化時間は 12時間。これは良いかなとは、思ったが。エポキシでやる気になっているので購入せず。調査だけはしておこう。

    PM165-R という製品もあり、強力型弾性接着剤だそうだ。スーパーXのようなもので硬化後も柔らかいようだ。HI は 無機物 70%なので全く違うはず。コンクリメントは、無機物 50% で相当硬いが、それ以上だと思われる。ただ、接着力は劣るのだろう。剥がれたというレビューもあった。ちなみにコンクリメントは酢酸ビニル系。との粉を木工ボンドで練った感じだろうか。


閑話休題

3cm角の荒材をほぼ使い切ったので、買ったホムセンに行って補充した 1m x10で 660円。2m 分で 130 円ぐらいだから、安いかといえば高い。以前の価格だと 1x4 が買えそうな値段。だが今では 1x4 ですら 300 円近い。それで、他のものも見て歩いたのだが、アカシア集成材があった。以前置いてなかったような?ちょっとパイン集成材より安いようだ。400mm 幅 x 2mぐらい 15mm厚が 2000円弱。あとカフェ板。今はどこにでも置いてあるような。これは何に使うもので何故置くようになったのだろう? 他にフローリングコーナーに 30mm 厚ほどの杉材が 700円。節はあるものの小さくて目立たない。幅は 150mm 〜 200mm ぐらいでカフェ板そのものではないようだ。30x40 を3本切り出して角棒に出来たら、赤松の野縁を買うよりよっぽど良いかもしれない。今度よくよく見てみよう。

エポキシ練習

いきなり本番の接着はやめて、練習からしてみよう。・・・結構難しかったおぼえがある。混ぜ合わせ終わった段階では粘度が低くあわてて塗ると垂れたりするのだ。垂れたところはどうにもならないが、緑の養生テープはくっつかないので保護しておくと良いかも知れない。またガムテープの粘着面もくっつかない。上から貼って固定するようなことが出来る。で、粘度が急に上がってきて今度はすごく塗りにくくなる。タイミングが重要なのだ。また、硬化後もしばらくベタベタしている。数時間は動かさないほうが良い。あと化粧面についたらどうなるのか?確認しておきたい。材料は、ブックシェルフに使ったのこり。本番を想定して垂直に立て、切断面に塗る。側面の化粧面にも少し塗って、接着されるかとどんな風に垂れるか確認。あと杉の木片を接着。2つ用意して木口も接着してみる。木口場合は木口にもエポキシを塗る。
で、やってみたら、簡単だった。すぐ塗っても注意すれば切断面から垂れてこない。側面に塗った分は垂れてきたので、養生テープを下に貼ってみた。垂れるといっても 今のところ 5mm ぐらい。養生テープを超えて垂れることはなさそうだ。これで、本番での接着は問題なく出来そうだ。時間だが 10分で硬化という気はしないが、1時間もすれば概ねしっかり接着されるようだ。ただ、ベタベタした感じは残っているので1日おいたほうが良さそう。

仮組み

はじめての仮組み。とりあえずは全部軽くは嵌った。ただし、奥の方が狭くなっていてたたき入れないとはいらない。1,2は大きめの板材(30mm 厚 50cm 長ぐらい)で叩いたところほぼ完全にはいった。ただ全然完璧ではない。角棒を棚板の端に合わせてみたが、なかなか合わない。角棒自体曲がっていたりするので無理な話かも知れない。また、2方向に直角をださないといけないのだが、それも含めて全部を合わせるのが難しい。ゆがんだまま接着すると修正できないから、気がすむまでは調整していくことにする。それは置いておいて、ぐらつきはそんなにはない。長辺方向に数ミリナナメにすることは出来るが、ギシギシいう。

接着

1,2がきっちり入ったのでそれを下にして、3,4も見てみる。3はきっちり入る、4はすこし変。入りはするが、もとが曲がっていて浮いてくるという感じかな?
まずは3から接着し、また回して、2,1と接着することに決めた。4は最後にしてちょっと考える。

エポキシの必要量が分からないので少し多めに使った。概ね 1/3 ぐらい? すぐに化粧板の切断面に塗って、つぎに角棒の凹のサイド(木口)。最後に凹の奥に盛る。うまく出来たかも。垂れもないし、浮いてくる感じもない。ただ、凹のサイドにすこし隙間があるかも。ここの部分は重要なので後で充填したいような。ただ1時間は触らずそっとしておく。

次に2,1と接着した。実は60cm のクランプを持っている。だが、クランプを掛けるために動かすとずれてしまうような気がして使えなかった。1がちょっと曲がっているような気がしたので、1には使ってみることに。少し接着剤が押し出されてきたようで、多少の効果はあるかも知れない。最後の4もクランプを使うことにした。2本だけ端にかけてもどうなのか?という気もするのだが、やらないよりましだろう。

接着完了!

とにもかくにも、ここまでで棚の形にはなった。立ててみてしげしげと眺めてみて、まぁ安っぽいかなという印象。実際コストをかけていないわけだが、もう少し良い材料を使えば見栄えが良くなっただろう。
ちょっと計算してみると
 棚板 ダイソー化粧板 220 円 x5
 支柱 杉荒材 4本 66円 x4
 ダイソー エポキシ接着剤 110円 x1.5
 合計 1529 円

今のところこんなもの。こんなものでも意外とコストがかかる。ニトリのカラボが 1,212円(税込)。サイズもだいたい同じで、棚板一枚追加で同じぐらいの価格。コスパでは、カラボのほうが上。

まぁ経験を積んだから、もうすこし上等なものに挑戦しても良い。棚板をアカシア集成材にして、支柱をカフェ板1枚から切り出して 5cm x 3cm で作れば、結構立派なものに出来るだろう。コストが3倍ぐらいになってしまうが、いずれは検討したい。今欲しいのは、壁に設置するタイプの棚で、これを次に考えている。なお切り出すのは、買った POPOMAN でも出来る見込み。綺麗に切られた木ならば、平行定規を使って深い溝を切れる。平行定規を動かさなければ、裏から切ってもだいたい合うはず。奥から切っていけば、常に綺麗な面に定規を当てることが出来る。切断面は汚いかもしれないが、荒材よりははるかにまし。切断面を綺麗にするには、電動カンナがあれば完璧だ。・・・マズイマズイ、かんながけすれば良いのだ。

    またまた、見に行ってきた。アカシア集成材は、15mm 厚 30cm 幅 x 18x cm が 2380円(税別)。40cm 幅もあって それは 2980円。安いのか高いのかちょっと分からない。で、700円の杉板っぽいのは、実際は 798円(税別)で ただの 2x8 だった。古いためか表面が少し茶色になっている。今正規品は 2000円を超えている (コメリは税込み 1,880円)ので、安いといえば安いのだろう。 すぐに使う目的はないが、2本げっと。しかしこれだったらカフェ板の方が使いやすいかも。フローリングに使えるらしいから完璧に正確。さねはあるが 180mm は使えるだろう。ただ、この店のカフェ板は高く 税込みで 1500円台だった。(コメリは 1280円)。

まだ完成ではない。つぎは、サイドに杉の胴縁?(45mm x 13mm)を加工して付ける。角棒は 30cm の端につけたので、だいたい 24cm で上下左右の最低4本付ける。微妙にばらばらなはずで、いちいち現物に合わせる。接着は角棒とだけ。木材どうしなので、タイトボンドを使う。木口には一旦タイトボンドを水で薄めたものを塗って目止めしておくと良いらしい。

・・・の予定で実際に作ってみるつもりだが、面倒なのでぼちぼちやる。その前にステインで着色してみる。色の選択はマホガニー。オークにしようと最初思ったのだが、少し暗いほうが良いかなと思い変更。
2度塗りで着色完了! すこし見栄えが良くなったので、やる気が出てきた。
次にウッドシールを化粧板の切断面に塗り込んでみる。今回はヘラを使って凹になってるところ(だけ)を埋める方針にする。乾燥すれば痩せるので3回ぐらい塗り込んでみる。ただ、角棒に食い込んでいる部分が難しそう。ここは後回し。

やってみた。端に少し盛って中央に向かってすり込めば、余計なところまで付いてしまうのを防げる。化粧板にまで溢れてしまったりするが、これは気にしない。完全に乾いた後でもカッターを当てれば取り除ける。今回は薄く薄くを目標にすり込む。今まで厚く盛ってきたがうまくなかった。刃物で削り取れたりするのだが、相当鋭利でないと、下の部分まで剥けてきたり、サンディングも出来ないわけではないが、すぐ目詰まりしたり。厄介なのに、ことあるごとに使おうとしているわけだが、使って良かったというケースに覚えがない。それでも使おうとしているのは、他に良さそうなものを見つけられていないからだ。ちょっと探してみたい。

    同じセメダインの木工パテAが良いのかも。ウッドシールと同じ水性のアクリル樹脂系エマルジョン系でありながら、釘、ねじが打てるとなっているから、硬いのだろう。ただし、塗装は水性のみで、充てん後3日以降、研磨は充てん後1日以降。釘・木ネジなどの使用は、充てん後3日~1週間以内? 乾いたらサンドペーパーも受け付けないくらいカッチカチになる −−なるほどね。ウッドシールを1日2日で評価していたが、1週間2週間後どうなるか見てやらないといけないのかも。はみ出た部分だけ1日2日で削り取っておいて、あと放置することにしよう。

一日経過。当然のように凸凹。3回は塗り込まないとだめそう。その間に、サイドに杉の胴縁?(45mm x 13mm)を加工。現物に合わせて手ノコで切ったが、そんなに完璧なものにはならない。1mm ぐらいの隙間が空いたり、1mm ぐらい長かったり。溝も 14mm ぐらいで少々狭い。杉の胴縁が 13mm 厚なので、紙やすりに挟んでサンディング。割と簡単に嵌められるまで加工できた。これを着色して接着。ないよりは良いような気がする。全段付けたいところだが、溝を掘るのが面倒すぎる。完成後に付けることも出来そうなので、後の楽しみにしておこう。これで、ニスを塗れば完成!としたいところだが、角棒に食い込んだ部分の処置がまだ。先にウッドシールを塗ってから始めれば良かったのだが、途中で方針変更したししょうがない。コの字に切り抜いた PP 板でも使って、ウッドシールを塗り込んでやろう。ある程度乾いたらマスキングしてニス塗り。

そういえば、うちに古い茶箪笥もある。ほとんど 3cm 角ぐらいの棒で組まれていて、側板、天板、棚すべて、薄い板を嵌め込んで框組みになっている。角棒同士の接合は、大入れではなくて、三角形が食い込んでる木組み。(名前失念)。こういうのが作れたらなぁと思わないでもない。まずは、框組みか。単純なものなら、丸ノコで溝を掘れるだろう。いずれ挑戦してみたい。

    どうやら、角の部分は、三方留継ぎ? 外から見たらそんな感じだが、さらに板が嵌っていて框組みの一部にもなっている。他に棚は、支柱に 先が三角形になった角材が食い込んでいる。剣留めホゾ?棚だから当然框組みの一部でもある。ぱっと見、この2つの技法が主に使われているようだ。茶箪笥の写真をググれば、だいたいこんな風になっている。

三方留継ぎなんてどう考えても無理。少しでも近いものを作れるか考えてみよう。まず框組み風の天板。3cm 角棒に溝を掘って、5.5mm 厚の合板を接着することは出来る。端を 45°に切るのは難しいが練習すれば少しはましになるだろう。でも多分無理だからパテ埋めをやる前提にしておく。また溝を深くすれば、丈夫になるはずだ。端だけ別の溝を掘ることも出来る、そこに薄い堅い板(ビスケットなど)を打ち込んで補強することも出来る。支柱との接続は、接着剤で固定しておいて、ダボ穴を2か所あけてダボを打ち込む。これも出来る。

    何も知らずにビスケットと書いたが、ビスケットは 4mm 厚の圧縮したブナ材で、専用の溝堀り機がある。基本丸ノコみたいなもので刃径は 100 。ビスケットには 0/10/20 とサイズがあるが、全部 R100 ということのようだ。POPOMAN の R85 だとフランジで押し入れて少し動かすと 2mm 幅の 溝は掘れる。 2mm ずらして同じことをやれば、多分いけるのでは? しかし、私の作るようなもので 4mm もいらないと思うのだ。2mm のものはないのだろうか?ナラの集成材から 2mm 厚を切り出すことは出来たので自作はできる。その 2mm 厚は結構丈夫で、丸ノコで溝を掘ったときの残った部分を割り取るのに役立った。できるだけ根本から割りたいので、差し込んでこじる。最終的に木目に沿って割れが出来たが、ずいぶんと強い印象だった。

棚もまた、框組み風にするが、剣留めホゾもまた無理。ただのホゾ組なら出来ると思うが、2方向にホゾ穴を空けると支柱の強度が心配になる。ここは、合板を嵌める溝を掘って、枠は接着するだけにする。小径の丸ノコの唯一のメリットを生かして 85R で溝を掘る。また天板が長い場合、日の字型にするなど補強するが、ホゾ組み。ただしホゾ穴ではなくて、合板用の溝の下に凹型に掘るだけ。これも出来る。
なんか作れるような気がして来たが、角棒に精度が必要だ。荒材では練習は出来てもピシッとしたものは無理だろう。ちゃんとプレーナー仕上げされたものがどれぐらいの値段なのか調べてみよう。

    コメリで検索すれば出ると思ったが、出てこない。なぜかカフェ板が出てきた。1m のものもあって 598 円。もし自分で切り出すことが出来れば 5本取れて 一本 120円ぐらいか。2m なら 240円相当。近所のホムセンで 3cm 角の赤松が売っているので、状態と値段を確認してこよう。

今作っている棚の話に戻る。最上段と最下段には、45mm 幅の板が付いているわけだが、上から見れば、サイドだけ 15mm 高のリブが立っているように見える。これを三方または四方に配置したらどうかと思ってしまった。杉の胴縁?(45mm x 13mm)から 15mm 切り出して貼ってみようか。丸ノコの練習にもなるし。
15mm 切り出すと残りは 約 28mm 。もしくは両サイドから 15mm 切り出す。2m 長あるので、とにかく 10 本取れる。全段の前後に付けるだけの材料があるわけだ。これをどう使うか?
後ろは、15mm 高をマホガニーに着色して化粧面に貼る。前面は、溝を貼って、化粧板の断面を隠そうかと。そうなると 40cm 弱では足りない。44cm 弱にして端を三角形にして、剣留めホゾ風にしてみたい。44cm だと4本しか取れないが、24cm 残る。サイドに付ける板に使おう。もう一本 から 44cm を切るとのこり 156cm 。こっちからは 24cm 6 本が取れる。ちなみに杉の胴縁?(45mm x 13mm)は、KD 材で、プレーナーもかかっている。それが 10本 1000円弱で買えた。1m あたり 50円である。

    また見てきた。30mm 角の 2m か 1.8m の赤松が 税込み 305円。生木に近いが、節が少なく木目が綺麗なもの。プレーナーもかかっている。気合を入れて作るならやはりこれか。面取りしてあるホワイトウッドの 30mm 角は 税込み 382円。普通の 2x4 と同じような質感で節もある。ものすごく割高な印象だが、店の中にある 白木と書いてある 30mm 角は 税込み 1000円を超える。その代わり節がなく、非常に綺麗な仕上げ。あとホワイトウッドの45mm x 15mm は 税込み 250円 これも高い印象。 杉の胴縁?(45mm x 13mm)10本束はまだあったが、値札がない。貫と書いてある杉のKD材 90mm x 13mm がとなりにあって、それは 5本束 1380円(税込み 1518円)。それよりは少し安いはずだ。両方 節は少なく、プレーナーもかかっている。あと 5.5mm 厚の普通合板(と書かれている)が、1000円ちょっと。持って帰れないので買えない。

    ・・・見にってきた。45mm 幅の杉の胴縁は明らかに売れ残りで節ばかり。となりの 90mm 幅の貫は 節がなさそうなものが、いくつもある。適当に選んで 5枚げっと。面積あたりだとコメリの野地板の倍の値段だが、その価値はあるだろう。

    ・・・全部見てみたが、節は5枚で一か所。あまり大きくなく目立たないように使えるだろう。表面には傷があったりするが、建築用で見えないところに使うものなので、それは許容する。


さて、作業する前に準備。丸ノコ付属の平行定規にあて木(羽根というらしい)を付ける。動画をみると「大工の正やん」はもとより、ほぼすべての人が羽根を付けている。付属のものには、取り付け穴さえついてないので、穴あけから。羽根つきの別売り製品もあって、樫だとかいてあり、さらに油で仕上げてあってすべりが良いと書いてあった。とにかく堅木が良いらしい。ナラの集成材(の端材)があるので、それを使う。油は賞味期限が過ぎたえごま油があるから(作業が終わったら)塗ってみたい。あと、購入したのこ刃が届いているので、交換してみる。穴径 10mm のものは日本では売っていないが、aliexpress にはあるのだ。なにかコーティングしてある高級っぽい 24T と 36T 。これが 合わせて $4.96 だった。24T は付属のものと同じ 刃数。一般に横引きや合板は刃数が多いものを使うらしいので、36T も買ってみた。今回は縦引きなので 24T を試してみる。

準備が出来たのでやってみる。まずは溝を切って終わったら 15mm を切り離す。長さは2つ分の 88cm 。90〜100cm までなら一気に出来るし、短いのよりもやりやすい。いきなり違うところにノコ刃をあててしまったが、予想以上にうまく行った。溝の幅は 15mm ジャスト。残った両脇は均等にするつもりだったが 5mm 7mm みたいなバランスになった。最初の調整に失敗したからだが、これで通すのであれば、それはそれで良い。深さは 6.5mm ぐらい。7mm にするつもりだったが、これも別に構わない。切り離したやつも 15mm ジャスト。ちょっと凸凹するかなと思ったのだが、かなり綺麗な切断面になった。特に28mm の方、両サイドのどちらが、切断面か分からないぐらい。

さて、28mm の方適当に 44cm 分にしたが、実はそんなに長く無くて良い。41.6cm かそれ以下である。両端の形状は、剣留めホゾを模するとすれば、直角二等辺三角形である。幅 28mm だから横方向の長さは 14mm 。端から 7mm のところの幅は 14mm で棚板を隠せないが、8mm のところは 16mm で棚板を隠すことが出来る幅になる。棚板は 40cm ジャストと決まっているから 40 + 0.8 + 0.8 = 41.6 ということになる。ところで、支柱にどれだけ食い込んでいるように見えるかというと、11mm 食い込んだところから +8mm だから 19mm 。そんな 剣留めホゾはないのである。支柱の半分の 15mm なのだ。(茶箪笥は 円弧を描くようにおおきく面取りしていて真ん中が一番高い。そして差し込む方も同じ加工で真ん中同士だけ高さが合う)ちょっとバランスが悪いので デフォルメしたということで 先端の 90°を広くする。そうすると長さも若干短くなる。17mm までとすると 4mm 短くなる計算だ。少しだけ鈍角にして、先端を少し丸めるだけにしようかと思う。具体的には 14mm 長を 13mm にして 1mm 稼ぐ、先端を丸めて 1mm 稼ぐ。

あと、三角形の部分を支柱にぴたりと接するようにしたい。棚板が支柱からはみ出ていなければ、溝の深さで切りとれば良い。だが実際は支柱からはみ出ている段が多い。どうするも何も、支柱からはみ出ないように棚板を削るしかない。ただ、着色済みの支柱まで削るおそれがあり、支柱に近い部分は削りたくない。そうなるとそこだけ溝の方を深く削ることになる。結構面倒くさい作業になりそうだ。当然、塗ったウッドシールは邪魔になる。まだ柔らかいから小さいカンナで削ってやることにする。これを5段もするのかと思うと嫌になってきた。なお、端だけそんな風になってればよく、中央に向かって滑らかに膨らむ形は許容できる。クランプ2本が必須になるが、木は曲がるから無理やり接着できる。

とりあえず一組完成。着色してからエポキシで貼る予定。同じものを多数作らないといけないので記録しておく。

    まず、端から 18mm のところの裏、溝の両サイドを切り取る。
    そこから 5mm のところが三角形の開始点。
    真ん中から線を引いて墨をして、切りとり。三角形の頂点は若干の鈍角。
    現物に合わせて、溝の両サイドの切りとり開始点を決める。
    後は同様に三角形に切りとる。
    ミニカンナで面取り。四つ角を同じように削る。
    三角形のサイドは少しナナメの面にして、大きく面取り。直線部分からなめらかにつなぐ。例えるなら栗のように。
    また常に中央側から削り先端はとがらせる。
    最後に #240 で全体をサンディング。このときに先端を少し丸める。

三角形の部分を段々薄くしていきたかったのだが、ヤメ。同じものを作る自信がない。全体の長さは 46.8 ?しまったぁ。棚板は 45cm だった。1個しか作れない! また、1mm づつ長い。まぁいい。新しい 2m から4本とることにしよう。あと 5mm,7mm と書いてきたが、正確には 5.5mm と 7.5mm で幅はきっちり 28mm ある。
さて、組んでみるとどうか? 悪くない。が、剣留めホゾ組みには全く見えない。風ですらないが、なにか凝った造りという印象はある。頑張ってあと4つ作ろう。

丸ノコの平行定規の調整は難しい。一回幅を変えると、前の幅に戻すのはさらに難しい。なので 2m を切らずに溝を掘りとおすことにした。無論、一気には切れないので、移動してクランプで押さえなおす。そういうことをしても幅は変わらないので、基本まっすぐな溝を掘れる。
作業開始。まずは 5.5mm を残した溝にするつもりが、いきなり 4mm になってしまった。ほんの僅か切って幅をみてやるつもりだったが、10cm 弱も切ってしまった。調整しなおしてやったみたが 5mm になってしまった。それで、平行定規を固定するネジを見たら、平行定規の角に当てるものが、取り付ける所が曲がって平行定規の上面に当たっている。簡単に直せたので、作業再開。3mm づつずらしながら溝を増やしていく。・・・つもりだったが、そんなにうまくいかない。気を抜いたのか、太いところとかぐねぐねまがった溝になってしまった。最後はきっちり 15mm 幅になるよう調整してやった。結局は 5mm(一部 4mm),8mm というバランスになった。次に 180°回転して 15mm を切り出す。これは成功。ジャスト。
この調整を変えてしまうのはもったいないので、横に付ける分も切ることにした。横は 15mm,15mm,15mm で行く。深さは 7.5mm 〜 8mm 。88cm 切った残り (112cm弱) に溝を掘る。片面やったら 180°回転してもう片面を掘る。これで 15mm の溝の両脇が正確に掘れたことになる。3mm ずらして 同じように やり 最後真ん中。計5本掘った。これが実にうまくいった。残った 1mm 幅の分が 4本綺麗に並んでいる。
で深さはどうかと思い、この4本を折り取ってみた。深さも均等になっている。はじめ深さ調整がダメみたいなことを書いたが、うまく出来たようだ。原理的にはうまく行くはずがない・・・と思うのだ。力を入れて押すとストッパーがずれてしまう。そこからは、ずっと深くなったまま。力を抜けば浮き上がってそこだけ浅くなる。何本も溝を掘れば、だんだんと深くなるはずで、一部浅いところも出来る。これが普通だと思うのだ。多分そうなっているのだろうが、慣れれば変動幅を小さく出来るということか。また、切りくずが板の上に残っていて、それに乗り上げると浅くなる。1本目はともかく、それ以降は少し浅いはずなのだ。こういうものなので、敷居のような見せる溝堀りには到底使えない。

    しかし、この杉の胴縁?(45mm x 13mm)10本束は結構使える。虫食いがひどいのはあったが、節がとにかく少ない。今日切ったところに一か所あったがそれだけ。良いのか悪いのか木目はほぼ出ていない。年輪と平行に切り出した部分のようで 13mm の方に均等に年輪がはいっている。また、4面プレーナー仕上げで正確だし綺麗。90mm 幅の貫もおおむねそんな感じ。もう一回見に行って良さそうなのがあれば買ってしまおう。

当面縦に切る(掘る)ことばかりやってきたわけだ。それが、うまく出来るのは良く分かった。あとは角材などを直角に切るというのが出来ていない。だいたい手ノコでちょいとやって、不正確な結果に終わっている。そもそも墨入れさえ不正確になりがちだ。墨入れするにはスコヤ。切るときの定規は丸ノコガイドを使うようなのだが、どちらも持っていない。両方ともお高いので買うのに躊躇する。だが、現状より精度を上げるには、道具が必要だ。ちょっと自作してみよう。自作の結果不満足だったとしても、どういうものが欲しいのかはっきりする。
墨入れするための簡単なものとしては、ただの三角定規にひっかけるための角材を両面テープで張り付ける。まともな材料を使い一周墨入れして開始点と合えばOK。あるいは、左右の平行が出ているなら、左右から墨を入れてみて一致するとか平行だったらOK。胴縁の端材はいっぱいあるので作ってみよう。基本的に自作は作ってみて、一回使って精度を確認するというやり方をするようだ。だめなら微調整することを考えておく。
あとスコヤはひとつ基準となるものを持っておくと良いらしい。これは精度を確認するためだけに使い普段は使わわず大事に保管する。基準となるものは別に何でも良いと思う。そういえば 90mm x 140mm 15mm 厚のアルミを持っている。商品名は「ベーシックフレーム ヘビー級 AFS-1590」で 140mm で切ったもの。T字の溝がサイドに付いているのでなにか板を取り付けることも出来る。これは基準になるような気がする。あとは基板とか。主に小さいものしか作ってこなかったが、100x80 に近いものはあるかも。
・・・持っている安物の曲尺が直角かどうか気になってきた。

    探したら、10cm 角の MDF が2枚出てきた。2枚を合わせて、片方を 90°回しても、裏返しても、指で触って段差が感じられない。自分的には十分な精度だ。これを曲尺の内側にあてて光に透かして見る。長い方は光が漏れてこないが、短い方、角から 2cm だけ光が漏れる。外側は光で判断する方法は取れない。指で触って段差があるかどうかだけ。うーん、正確に当てられたかどうかわからないが、大丈夫そうだ。

MDF を基準として、三角定規に 10cm 長 の角材をくっつけた。角材は作ったばかりの 15mm x 13mm 。これを使って、棚板の前後に付ける材料を墨する。現物合わせで印をつけて切っていくのだが、前面のは、そう単純ではない。三角になる部分を余裕を見て 20mm として、溝のサイドをまず切る。そこを引っかけて現物で印を打つ。そこから 20mm 離れたところを切って、反対側も溝のサイドを切る。全部揃ったら、ひとつ右側の三角を切り取り、他の右側をコピー。今度は、溝面を合わせて左側をひとつコピー。後は左側も同様にしてコピーしていく。コピーと書いたが、2枚重ねて、のこぎりを当てて切っていく。もう墨も入れない。適当にやったが、だいたい似たような形に仕上がった。後は、溝を #120 で磨いてきちんと嵌るようにして、残りを #240 で磨いて滑らかにしていく。その次はステインで着色。接着は棚板の方の整形が終わるまで出来ない。

のこぎりは、ダボ切り用のさかりのないものを使った。これでないとコピーは出来ないし、溝のサイドを底に合わせて切ることもできない。今回の一連の作業のために買ったのだが、良く切れるものだ。切りくずも少ないわけだし、細かい作業に使える。
あとサイドに付ける板も切っていく。4枚分しかないので 2段分。すでに2段は付けているのであと1段分を別に作らないといけない。

直角ガイド自作

直角に切りたいと言っても大きな板を切りたいわけではない。せいぜい 4.5cm 程度までの角材や板がメイン。1x4 とか 90mm までは切りたいかも知れない。ベースプレートに沿う部分は、切り初めに 4cm 、切り終わりに 7cm ぐらいの余裕が欲しい。合計で 20cm 。材料に沿う部分も同じにしよう 20cm 。構造だが、薄めの板の上にベースプレートに沿う板を縦に接着する。POPOMAN の場合はその左約6cm にのこ刃がくるので そこが 左端。のこ刃が来るところは、定規もろとも切られてしまい、そこが定規を当てるラインになる。縦の板は、丸ノコと干渉しないよう厚さの制限がある。POPOMAN の場合 25mm 。また右側は、POPOMAN を持つ自分の手と干渉しないようにしなければならない。縦の板の左端から 4cm ぐらいは、抑える手を置いてはいけない。薄めの板は薄いほうが深く切ることができるので望ましいが、ある程度は丈夫でないと材料を押さえつけられない。5.5mm の合板なら大丈夫のようだ。

    5.5mm を使っても 21mm 程度しか切れない。3cm の角材も一回では無理。大工の正やんは、柱材を切るときに、一辺を切ったら一回止めて、柱材を回して切るということをやっている。また止めたときノコ刃は材料から離している。ノコ刃を差し込んだままスタートするとキックバックとかして危険なのだろう。それは置いておいてフリーハンドだ。寸法はちゃんと測っていて墨も入れているがフリーハンド。直角切り用のガイドなんかいらんかったんやぁ。あとスコヤなど使わない。いつも曲尺で直角を墨している。スコヤなどいらんかったんやぁ。2x4 の端材があるから、半分にして(POPOMANにとっては)太めの角材にしてそれを直角に切る練習をしてみたい。

下は、材料に沿う板を当てる。この板は微調整できるようにしなければならない。位置は 当てる板の下端が上から 7cm 。

    マホガニーの水性ステインがほぼなくなりかけている。これは買うとして、Amazon を見ていたら、安い丸ノコガイドがあった。二等辺三角形の下に引っかける部分がT字になっている。長さは約18cm で 1000円。アルミ製で厚みが 4mm とか頑丈そうなつくり。角材を回しながら切るのであれば、こういう形状が作業効率が良いのでは?と思ってしまった。フリーハンドの人も居るわけだから、ガイドは添えるだけというのが良いのではないか?ひとつ手に入れて、どんな使い心地か見てみよう。写真ではバリがあるように見えるが、持っている写真の指にもバリがある。へたくそな編集のせいだ。少なくとも丸ノコを当てる辺は綺麗で滑らかにT字部分につながっている。他に おなじようなもので 720円というものもあったがインチ表示のみなのでパス。あと引っかける部分の幅に差がある。720円のは 7mm 。1000円のものは (たぶん)9mm。他に 1389円のものがあるが、それは 10mm +。 なお精度については分からない。安いものには直角でないというコメントがつきがちだが、どれぐらいという情報がない。・・・というわけで自作は延期。多分、使いにくい点も分かってくるだろう。不安なのが切り終わり。丸ノコとわずかしか接触しないので、まっすぐ切り抜けるくせを付けなければいけない。

    519円(送料無料)のものさえあった。720円と同じものに見える。興味本位で買ってもよさそうだが、たぶん忘れたころに届く。最短でも 20日見とかないといけない。他に エルアングルという定番っぽい製品がある。これには、突き当て 9mm と書いてあり 1000円のものを選択する理由のひとつになった。また突き当てが端ではなく途中にあって、切り終わりの接触長が長い。あ、レビューを見ると、みんな切り初めの安定性と書いてある。そうか、手前に当てて使うのか。! もし直角でないものに当たってしまった場合、突き当てと材料との間に堅い木材を接着すると良いかも。削ることで調整できるし、切り初めを安定させることも出来る。
    あるいは、底面に堅い木材を接着するのもありか。最初は両面テープで、気に入ったらエポキシで接着とか。

    ところで、お高いエルアングルですら、丸ノコが接する部分が膨らんだところがあって直線でないというコメントがあった。どうしても直線や平面を出したい場合、ガラス板の上に紙やすりを置いて丹念に研磨するらしい。かんな台もそうやるもの。(かんな台は平面ではないが、修正するには一旦平面にする)。あと 1389円のものは、コメントが多いのだが、バリがあったり、荒い仕上げの上に雑に厚く塗装してあるようだ。修正するなら塗装は邪魔。修正する場合も覚悟していたので、1000円のものにしたのであった。

      1000円のやつが届いた。MDF を当ててみると、直角のように見える。目盛りも正しいようで MDF を測るときっかり 10cm 。丸ノコを当てる辺や三角形の辺を指で撫でれば凸凹しているのが分かる。切断作業するのに支障はなさそうだが、墨を入れる定規としては使いたくないレベル。これは修正すると良いかも知れない。・・・と思ったが、よく見ればちゃんと磨いてはある。凹の部分まで全体を磨くとまずいのかも。いや 45°の辺はいくら磨いても問題なさそう。直角のところは少しまずい。PIVOT が狂うと角度の測定が不正確になる。あとバリはあまりないが、触れば分かるところはある。それより打ち抜いた穴は面取りされていないので、ここは磨いておくと良いかも知れない。

      また、インチ表示の窓がある。POPOMAN の場合、ベースプレートの端から 2.5in のところにノコ刃が来る。なので 2.5 に印を打って、それが見えるところまで定規をずらすと切りたいところにおおむね合う。正確かどうかはやってみないと。

      あと HIP-VAL という印字がある。値は 1 〜 30 。どうやら屋根の傾斜を意味するらしい。水平に 1m 離れたところの 高低差 。それは分かったが 値が2つあり ひとつは TOP もうひとつは CUTS 。? あと用語として hip rafter と common rafter があるようだ。今は興味がないが、屋根のようなものを作ろうと思ったらそのときに勉強しよう。

      ついでだが、この定規(Rafter square, aka "speed" square)の使い方の動画があった。それを見ると切り初めがぐらつかないように、材料の奥にT字をセットするのが良いようだ。

      1000円のやつには付いていないが、窓にギザギザが付いているものがある。これは、ペンを引っかけて平行線を引くための機能。1389円の黒いやつは、変な形の窓があるが、多分これもそのためのもの。

      T字を材料の上に当てて、材料の反対側を親指で押さえる使い方をするわけだ。長い材料なら問題ないが、短いと窓に親指を入れることになる。押さえられるかどうかは窓次第。そう考えて眺めると、インチ表示の安いやつは、窓が大きくていいなぁと思えてきた。519円(送料無料)のやつを買う理由ができた。


    この動画を見ていたら、1389円の黒いタイプを定規として使っていた。色々と道具を持っている人が安物を使っているのが意外だった。自分で修正できるから、基本の部分がしっかりしていれば関係ないのかも。組木の動画は、どれも興味深いのだが、大工の正やんは、スケールが違う。宮大工は、もっとすごいのだろうけども。

    他に、安物と思われるコンビネーションスコアも使っていた。他にもいろいろ使っているので、それだけということはないが、これも意外。このコンビネーションスコアは同じと思われるものが、様々な値段で売られている。高いのは新潟精機のLS-300で 1732円。安いのは 640円というものまで。だいたいは散々な評価だが、使い方が分かっていないような印象。本体(ベース?)は鋳造だし、なぜ直角が出ている人と出ていない人が居るのか?ネジの扱いの違いにしか思えない。新潟精機のものはスケールがアルミで特に扱いに注意が必要そうだ。まぁ、使えるものなら便利そうだし買ってみることにした。(当然安い方)。使い方は、緑の720円の商品説明が詳しい。それ以外だと現物から長さを写し取るのに使える。複数必要なわけだ。さらに木材のセンターを出すのにも。目分量で線を引いてみて、反対側からも線を引く。その2本の線の真ん中がセンター。なお、インチ表示の直角定規とセットになったものも売っている(1141円)。安物買いが好きな人はどんなものなのか買ってみるのも良いだろう。

      コンビネーションスコアが届いた。溝に引っかかるボルトがあって、手回しナットで固定する構造。スケールとは、本体側の溝の底と接触する。で、直角は出ない。15cm で 1mm ぐらいの誤差がある。見たところ、溝の底をちゃんと加工していない感じで、バリとかがあってちゃんと直線で接触していないような。分からないが修正可能なような気がする。・・・違った。バリだと思ったものは両端にあってその2点でスケールと接触する。やすりで削ることによって、校正できるようになっているのだ。バリを全部削ってしまえば、直線全部を削って校正することになる。大変になるわけだが、そうなっても、直角が出るか出ないかの2択なので、直角が出るまで削れば良い。

まぁ欲しいのは、角材か幅が狭い板を直角に切るための定規で、それは幅の広いものには対応できない。一応簡単な直線切りのための定規は作ってある。40cm 弱ぐらいと 90cm ぐらいの2つ。長い方は、先に作ったスタックボックステーブルにクランプして使う。短い方は、後で作った 30cm 角の台にクランプ。まともに使う場面はまだないが、30cm 幅のフローリング用合板があるので、それを切るときに使うはず。また、テーブルの中央で切りたい場合、スタイロフォームを敷く。スタイロフォームはなぜか持っていて便利に使えている。

大工の正やん 最新動画

    この動画はいつも見ている。見てて気持ちが良い仕事ぶりなのが理由だが、なにかヒントがないかという目でも見ている。今度は材料を切るのに、卓上丸ノコというのかスライド丸ノコというのかを持ち込んで使っている。135°とか角度を付けて切るときは ただの丸ノコは使わないようだ。また、奥を先にちょっと切ってから前から切るということをしている。これは横に切るときだけで、理由は? 材料が欠けるのを防ぐためかなぁ?分からない。
    あと、石を止めるのに、コンクリメントがないので、ウレタンボンドを使うという話が出てきた。使っているのは、床職人 600ml チューブ。ウレタンボンドは気になっているので、レビューを見てみた。どうやら定番の商品らしい。24時間で硬化、2日でカチカチだそうだ。DIY で使うには、開封してからどれぐらい長く使えるかだが、長期間は無理のようだ残念。ただ、変性シリコーンよりは長く使えるらしい。家庭用のウレタン系というと、ゴリラグルークリアがある。しかし、51ml しかないのに、床職人より高い。床職人より安いものは、床いちばん (600ml) 。床いちばん のレビューには固まったものが届いたとか、そういうものがあった。もし買うなら、回転が良さそうな床職人が良いのかも。!そういえば、フローリングコーナーで 2x8 を買ったときに、2x8の上に沢山置いてあったのが、床職人だったかも。600ml のチューブは相当大きい。こんなものは使うはずはないから関係ないとその時は思ったのだった。あまりよく見ていないが、チューブがふにゃふにゃな印象だけ残っている。

    なぜ、ウレタンボンドが気になっているかというと、水分で硬化するので、木材を何にでも接着できそうな点。また耐水、耐熱、耐油性があり野外にも使える。硬化後カチカチだそうだが、硬化で痩せるのではなくむしろ膨らむらしい。なお、変性シリコーンも水分で硬化するが、こちらは弾性。

    また関係ない話。ダイソーのリサイクルトレー(34cm x 15.3cm ) が手元にあるのだが、これでちょっとしたものを置く 3段ぐらいの棚を作るとどうだろうか?厚み自体は 2mm ほどだが、わりと丈夫で、横をもって捩じれば捩じれるものの、他の方向には曲げられない。問題は側板か支柱への取り付け。ナナメになっているので、大入れは使えない。曲面に合わせて取り付け用の木材をエポキシで張り付けて、それがびくともしないようならうまく行くかもしれない。失敗したらトレーに取っ手を付けると強弁しよう。当てる木材の候補として、15mm x 13mm が 61cm 余っている。10cm づつにしたら一応足りる。短辺の直線部分は 8cm ぐらいなので 10cm が短すぎるということはないようだ。角材がしっかり付けば、大入れが可能。ただ、内側すぎるので、15cm長 の角材か板を脚の下に付けて安定させる。

余談が過ぎた。とりあえず、前面に付ける棒4本とサイドに付ける板4枚は出来た。着色してから接着する予定だが、十分なステインが今ない。付ける前に化粧板の断面を削らないといけないので、ボチボチやる。
まずは、化粧板の断面を削った。削ったが、支柱付近は無理。それで、溝の端を深くサンディング。嵌めてみて現物調整しながらやったのだが、どうかな?端をちょっと押さえると沈むので、少なくともクランプ必須な感じ。もういいかな。後は着色して接着してしまおう。・・・着色中。十分なステインはないのだが、作った分はギリいけそう。購入したステインは、一週間以上かかる見込み? 中国発送であるまいし、どういうことだろう?

ステインは間に合った。が、接着は躊躇している。ニスを塗ってから接着した方が良いのでは? ニスはまだ少しあるが、今後使っていく分はない。これも追加ステインと一緒に購入中。0.7L のカンが、持っている 300ml より安く売っていたので購入したのだが、相当不安。売れ残りなのだろう。売れ残りだったら分かって買っているのだからしょうがないが、(水性ウレタンと書いてある)写真と違うものではという不安がある。もし水性アクリルだったら返品しよう。

トレー棚 検討

ダイソーのリサイクルトレー(34cm x 15.3cm )の棚だが、15mm に切ったあまりの角棒を削ってみた。これは結構大変。ほぼ三角になるまで削らないといけない。そうやって頑張っても、結構隙間が空く。どうもトレーに正確に張り付けるのが無理なようなのだ。発想を変えて、側板にこの棚受けを張り付け、側板を仮に組んでから、棚であるトレーを接着する。 仮に組むには、直角クランプを使って適当な板に側板を垂直に立てる。また 34cm の板か角棒を反対側において動かないようにする。上は広がらないように、ゴムベルト(ダイソー 便利ベルト)で締める。接着時に小さなクランプもかける。棚受けの下面とトレーの上面は平行なので問題ないだろう。肝心の側板は、買ったばかりの 90mm 幅の貫を使う。あと直角クランプを使うと最下段の棚受けと干渉する。上段の2枚を接着してから、 最下段の棚受けを貼るなどして干渉を避けなければならない。
34cm の治具に使う板は、1x4 の 34.5cm があった。これで直角に切る練習をして 34cm にする。側板の下に付ける板は候補が沢山ある。15cm ぐらいの端材は本当に沢山あるのだ。今回はヒノキの端板を縦に2つに割って使おうかと思う。こんな小さい板は丸ノコが使いにくいが、両面テープでスタイロフォームに貼るという技を動画で学んだ。
側板のサイズは、トレーから上に 2cm ぐらい。トレーの上面を基準にして 15cm づつ の間隔で2枚。トレー+棚受けの厚さは 15mm (ぐらい)。下は、棚受けの下面から 4.5cm ぐらい。合計で 38cm かな。
強度はエポキシ頼り。隙間には後で充填する。また、棚受けも接着だけだから不安。後で 6mm のダボを打って補強する。

丸ノコ練習

直角切りの定規 speed square が届いた。別に問題はないのだが、あちこち磨いてみた。使ったのは木工用のあまりの #600 。これで必要十分のような気がする。アルミは柔らかいのでこれでも結構削れてしまう。また、削った後はつややかでざらざらな感じはしない。とりあえず、あちこち面取りした後、本命の辺。まずは 45°。平面が出ているっぽい集成材の板の上に #600 を置いて擦る。合計で 50往復ぐらいか。少し綺麗になった。深い傷まで直す気はないので、適当に切り上げ。最後に直角の辺もやる。やりすぎるのもまずいと思うので、控えめに擦って終了。まだ凸凹感は残っているが、多少マシにはなった。

用意が出来たので、丸ノコ練習に入る。まずは 34.5cm 1x4 を 34cm 長にする。両方切るつもりだったが、ちょっとずれた。片側だけで 34cm になってしまった。次にナラ集成材。前に平行定規で 2mm づつ切りとろうとしたのだが、下手だったので切り口が汚い。これの端を綺麗に切り落とす。・・・これはうまく行った。また平行定規で薄い板を切り出すのに使える。次に小棚の足。基準にする辺に対し直角になるよう端を切り落とす。これもまぁまぁかな。次、基準にする辺の反対側の辺を直線切り用の定規で切り落とす。材料が小さいので動いてしまう。ダイソーで滑り止めのシートを買ってきて定規の下に置いてみたところ、なんとかなった。ただ不十分な気がする。さらに、縦に2分割。・・・するつもりが、だいぶ浅くなって溝を掘るだけになった。動いてしまうと両方だいなしになる恐れがあり、こわごわやったのが原因。まぁ溝が付けば手ノコでも切り抜けるし、動いてしまうよりはマシだと思い、半端なところで終了。

次は、90mm 幅の貫から、側板を切り出す。切ってみたら 2枚が合わない。上側は合うのだが、下側は、直角でなかったり、長さが違ったり。しょうがないので再度墨を入れて切りなおす。結果 38cm の予定が 37.5mm になってしまった。そうやっても微妙に長さが違う。上側を基準にして墨を入れていく予定なのでとりあえずは終了。

いろいろと切ってみたが、購入した speed square では 3cm 角材を切るのは難しいかも知れない。大きすぎて材料を押さえることが出来ないのだ。おそらく、タジマ MRG-MC90M のような形が材料を握れて良いのだろう。と、考えてひとつ作ってみることに。材料はヒノキの端板一枚。

まず端板の端を直角にする。次に端板から引っかける部分ー突き当てを 2cm 幅で切りとる。ガイド面はそのままにするが、握る部分は 3cm 幅、その間はナナメに切る。これと突き当てを接着。これだけだとガイド面が短すぎるので、余った部分に凹型に切り欠きを入れて、つくったL型に嵌める。これで形だけは完成! 後は精度が出ているか?出てなかったら削って調整するしかないが、それが可能か? まぁやってみよう。ダメでも気まぐれに作ったものだから、そう惜しくない。ヒノキの端材は沢山あるから、使いやすそうなら、また作ってもいい。

この一連の作業は、30T ののこ刃に変えて行った。横切りがメインになるのと、今回堅い木を切断するため。使ってみたら予想以上に切断面が綺麗。これなら合板も綺麗に切れるかも知れない。

棚つづき
一応、作った分の着色・ニス塗りが終わった。後ろの 15mm → サイドと簡単なものから順にエポキシで貼り終えた。前面の 28mm をどう貼るのか?嵌めてみて検討。端をピタッと貼りたいのだが、クランプがかからない。何通りかやってみたが無理なのであきらめ。しょうがないのでゴムベルトで軽く固定するだけにした。これで一段目を接着。ゴムベルトは2本しかないし、接着自体神経を使うので、1段づつ貼り付けることにした。ある程度硬化しないと浮いてくる恐れがあるので、数時間は固定しておきたい。・・・また時間がかかる。エポキシはダイソーのもの。2/3 ぐらい残っていたものを使ったのだが、一段目接着で使い終わった。どんどん使うかと思っていたのだが、意外に消費が少なかった。

    後述の研ぎに走っているが、これもぼちぼち進んでいる。エポキシでの接着は完了。1枚だけどうしても端が浮くやっかいなのがあって、どうすべきか考えていたのだが、60cm のクランプが使えたので、両端にかけて無理やり浮かないようにした。そうなると真ん中が少し膨らむのだが気にしない。次は、エポキシで付けたところはあちこちに隙間があるので、タイトボンドを流し込んでみる。横に倒してある程度乾いたら反対側。これまた乾くまで時間がかかる。

    棚は他に作業が残っている。ひとつはサイド2段目。作るところから始めるわけだが、これだけ違う形にしてみようか悩んでいる。90mm が手に入ったので、山形にしてみるとか。また、1段だけ裏板を付けるのはどうか? 茶箪笥も一部扉が付いていたり引き出しがあったりで変化を付けている。裏板はネジ止めで外せるようにするが、どんな感じに印象が変化するのか見てみたい。

    ずっと他の事をやっていたのだが、ようやく少し進んだ。サイド2段目は他のと同じにする。作業は、45mm 幅を掘って切るまで。裏板も作るだけは作った。4mm のシナベニヤ(だと思う) 2段目を作るのに合わせて塗装する。



(5)に移動


まずは、バイスに挟んで 刃を落とす。最初ダイヤモンド砥石 #180 を使ってみたが、穴があいているタイプでその穴に引っかかったりしてやり難い。なので、ダイソー砥石のサイドを使ってみることに。・・これで行けるか? いやちょっとやり難い。砥石が刃から外れたりしたとき危ない。とにかく 2mm 以下になるまでやった。次は角度を付けていくのだが、持っているバイスは球体ヒンジで角度を変えられるタイプ(SK11 ユニバーサルテーブルバイス V-4 と同型)なので、水平に砥石を動かせば良いように調整。たとえダイソーと言えど砥石の面は傷つけたくないのだが、#120 の面で削る。面が出てきて、普通に研げるかな?という状態でヤメ。砥石は少し凹んだ線が出来たが、面直し(のさらに面直し)専用だし、その機能には支障がない。時間は30分ぐらい?試行錯誤しながらだから短く感じた。

指の皮が復活するまで、しばらくの間放置するが、状態を確認しておく。
裏面は、完全なべた裏だが、平面は出ている。少し梨地っぽいが像も写る。もとは鋼板だろうから当然だ。裏を研ぐのは極力避けてかえりを取るときだけにしよう。切れ刃だが刃は付いていない。予定通り。その面は平面ではないし傷だらけだがギラついている。そうかーこれがピカピカっぽく見えた状態か。また幅が均一ではないような。右側の削りが足りない。研ぎに入ったら、気をつけてやろう。ただナナメになるだけなら本体で対応できるから気にしなくて良いだろう。気にすべきは直線にすること。これも平面を出すことに集中すれば良いはず。さらに端までは直線に出来なくて良い。僅かでもぶれれば削りすぎるはずで、自然と湾曲する。だいたいカンナは両端を削ってあって上からみると台形になっている。もし都合が悪ければ同じような形にすれば良い

都合が悪いケースは、かんなくずが端の隙間に入り込むケース。その対策で角が削られている。

それはそうと、致命的なミスが分かった。ミニカンナの刃の仕込み勾配は浅い。そのため刃を 30°にすると、刃先が上を向いてしまう。これでは全く削れない。ミニカンナの仕込み勾配を測ったら20°だった。30°の刃はどうやっても使えない。

閑話休題

    鉋のお手入れ」 カンナについてポイントとなることが、ちゃんと開設されている。研ぎの話ばかり書いてきたが、カンナ台についても説明がある。カンナ台もまた精度が必要なので、平面を出してから修正する。まず刃より先に当たる部分(下端)は、中央部を凹にする。スキである。上端は、全体を削る。(仕上げ台は、ちょっと違う)。どれだけ凹ませるのかは書いてないが、刃をどれだけ出すかで決まるのだろう。0.1mm が厚いか薄いかちょっと分からないが、普通レベルでそれぐらいと思われる。
    で、ミニカンナ本体も基本同じはずだが、多分そんなことは気にしていない。それどころか工作精度が悪くて個体差がある・・とレビューを見て思った。本体金属だし調整は絶対無理だと考えていたのだが、これぐらいなら塗装で盛ればいいのでは? ラッカーは何度も重ね塗りするものではないが下地には良いらしい、あと油性ウレタンなら今持っているし、雪国在住なので、スベリを良くするスプレーも使い残しがある。一度トライしてみよう。その前に平面出しかーーこれは鏡に耐水ペーパーを張り付けて最初からの塗料を削る・・・風呂で出来るか。

ミニカンナの底面磨き

少しの時間で出来そうなのでやってみた。まずは垂直面の鏡に #240 を止めて磨く。塗装の落ち方でどんな形なのか分かってくる。まず塗装が取れたのは、打ち抜いた辺全部。上の角利の説明だと ABCD 全部。うちぬいたから、そうなるわけか。形はサイドから中央に行くにしたがって幅広く。要するに中央に向かって凸である。コの字型に曲げているわけだから当然と言えば当然。そして凹んでいるところは、両サイドの端3mm 〜5mm と、上端 B 点から少し離れたところ。塗装がすぐ落ちたところの下がそのまま傾斜して凹にまでなっている。形状は分かったが、とにかく塗装は全部落とさなければならない。完全に平面にするなど無理そうなので、塗装落としをメインにする。付属面直しが一番使えた。角も使ってとにかく磨く。次にまた磨き・・・というか研ぐ。面直しの要領で #1000 → #6000 +付属面直し。最初は傷だらけだったが、中央だけピカピカになってきた。そのピカピカの部分だけだが、像がちゃんと写る。歪みもあまりない感じだ。今まで研いだ刃物より余程平面が出ている。ここでやめて、クリアラッカー(スプレー)で保護することに。30分ほど置いてから2度塗り。この上に油性ウレタンニスを重ね塗りしてみよう。気の迷いで買ったマホガニーの小瓶がある。筆の処理が面倒で一度も試せていない。どんな発色かも分からないので使うことも憚られる。丁度良い機会だから、サンプルの木材にも塗ることに。筆塗りするのだが、少し傾斜させておくと垂れて端が厚くなるはず。2度目は逆に傾斜させる。これは刃より先に当たる部分。ミニカンナだと短い方。長い方は低く平坦にすべきなので塗らない方が良いかもしれない。

    筆の処理は一応調べた。使い終わったら新聞紙などで可能な限り塗料を拭く。次にうすめ液に漬けて、また可能な限り塗料を拭く。最後に中性洗剤を付けて水で洗う。

    この動画の人は、小鉋押し。大きな鉋は大工でも使う機会が減っているが、小鉋はまだ使う機会が多いので 42mm とか 30mm をしっかりマスターしようというのが持論のようだ。私は、もっている 42mm とミニカンナを普通のレベルで使えるようになりたいだけなので、この動画は見る価値がありそうだ。ただ、長いのでまだ見ていない。台を自分で作ってしまう人なので、どんな話が出てくるのか?楽しみではある。
    まぁ台を作るのはさすがに無理か。ナラの集成材で多分台の材料になる。だが、掘るのが無理。鑿のスキルが上がればあるいは・・・というところか。将来の課題にしておこう。あ、そうか。半分に割った形を作って後で接着すれば、のこぎりが結構使える。丸ノコも使えるかも知れない。

    初心者のための鉋台製作講座 1 なんてものがあった。初心者がそんなものを作れるものか。・・・とは思いつつ全部観た。素材はナラ。樫、けやきと比べれば削りやすいはずで初心者向けと言われればそうなのかも。で、全部鑿で掘っている。刃が入る溝は ダボとかを切るのこぎり。あと一枚刃で溝に嵌めるだけで止める種類。二枚刃とかは初心者向けではないのだろう。
    鑿の練習用課題として、最初はやわらかい 2x4 などで掘る練習をするのも良いかも知れない。一応、42mm の刃だけ持ってるし。ちなみに、この刃を使う本体は、ネジで刃を固定するタイプ。ネジは台の頭に付いていて、溝に刃を押さえつける。
    ミニカンナの刃を使ったものを作ってみたいが、おなじやりかたでは刃が曲がる。作れそうなのは溝にくさびを打って固定する方法。ただ、刃幅が 26mm しかないので 24mm の鑿の使いどころがない上に、手持ちの道具では溝を掘れない。そうなると、やはり割ったものを作って接着かな。そういう作り方であれば、穴を空けて本体の固定用金具を付けることも出来る。でも、ネジが邪魔でかんなくずが内部に溜まるという欠点がある。二枚刃のように金属の棒(釘)を差し込んで、裏刃の形をしたくさびを入れれば良いのではないか?

    鑿の練習であれば、42mm が良い。替刃なので本体が売っていて、その本体のサイズは、148*54*20 。手持ちのものは、200*54*23 。刃が入る角度は、八分勾配とか七分五厘勾配とかそういう言い方をする。刃先が鋭角だから七分五厘ではないだろうか? (七分五厘とは、底面 1cm にづき 0.75 cm の高さになる角度。37°?)。手持ちの二枚刃のカンナの角度を測ってみたらきっかり 37° 七分五厘勾配だった。たぶん七分勾配までのものは、特殊で、一般的には八分勾配のようだ。七分五厘勾配は柔らかめの材料用で、堅いもの用は、八分五厘勾配。さらにほとんど直角の立刃勾配というのもある。鉋台直し専用。反対側(口裏)は 手持ちだと 刃と直角で 53°ぐらい。なんでも良いのだろうが、「木っ葉返しの勾配・高さ・刃口の大小は、鉋の調子に大きく作用する。」だそうだ。そして、一番傷みやすい場所で、真鍮板を仕込んでいるかんなや、修復で違う木を嵌めたかんながある。口裏の起点が重要なわけだが、刃の出口から、刃厚ぐらいの幅を離したところが起点のようだ。動画では寸法についての情報がなかったのだが、これで補完できた。

      刃の仕込み勾配は、一般的な鉋と同じような勾配で、普通は8分勾配、硬い木には8分5厘勾配とか、サワラのような柔らかい木なら、7分5厘勾配などになっておりますが、一枚の鉋台でも同じ仕込み勾配で使います。

      違うのは、普通の二枚刃の鉋のコッパ返しが斜めにかなり立っった角度になっているのに対し一枚台は、それより寝ていて、鉋の仕込み勾配と近い同じ角度になっています。(43〜45度)。

      意味がはっきりとは分からないが、一枚刃の話で重要な情報に思えるのでメモ。

      刃口が広がってくると鉋掛けが上手くできなくなります。特に薄く削りたいときや,鉋のかけ始めと終わりがうまくいかなくなります。 刃口の巾の目安は,仕上げ鉋で,0.3〜0.7ミリ,中しこで0.4〜1ミリ位でしょう。新しい台は,使っていると刃口が広がってきますので刃口の巾が上の巾より広くなったら,刃口調整板・・・

      これも重要そうだ。

    とりあえず材料を押さえておきたい。ナラの集成材の端材は沢山あるが手ごろなのは、 20mm 厚ばかり。42mm 用は 20mm 厚で決める。最も手ごろなやつは、この前直角に切る練習をしたもので 12cm 幅 13.5 cm 長。短いが2つ分にはなる。もうひとつ四角の板があるのだが、少し短い。集成材なので 27mm 幅ぐらいの棒を接着して板にしている。その棒もギザギザに加工したもの同士で繋いである。こういうところが重要なところにかからないように木取りしなければならず、よく考えないといけない。42mm 用はまだまだ先だが、使わないように押さえておく。あと 23mm 厚 56mm 幅 15cm 長の端材があった。ナラではない。軽く柔らかい感じ。上等な杉かな?まずは、最初の練習に使おう。あと刃を押さえるくさび用。探したら 35mm 厚のナラが見つかった。

      動画を探すとくさびの作り方があった。角棒をくさびの長さで切ったものを沢山作り横に接着して長い棒を作る。角度を付けた定規で、表ー裏ー表と切っていけば、沢山作ることが出来る。集成材の場合、横に切れば似たようなものになる。これを角度を付けて切っていけば良いわけだ。残念なことに POPOMAN では一発では切りとれない。
      他の動画では、角棒の端を丸ノコで角度を付けて沢山切れ込みを入れる。最後に横に切りとってバラバラと。全部フリーハンドです。10秒の仕事ですね。−これは無理。
      他に、くさびの厚さの角棒を用意して、溝とナナメにセットした定規の治具を作る。角棒をずらしていけば菱形が沢山作れる。最後に菱形を半分に切って終了。この日は5000個作りました。−だと!それ以前の問題があるから、やっぱり無理。

        大工の正やん」は、「髪の毛1本分の微調整は、後ろから 矢 を打ってやって調整します」と言いながら、くさびにしか見えない 矢 なるものを 鑿を叩いてで板から打ち出していた。意味がわからない。

      ・・・となると最初の方法ベースか。角度を付けた定規と直角の定規で交互に切る。溝しか掘れないからあとは手ノコで切りとる。ダボ切りのこで、溝を定規に綺麗に切ることが出来ないと、そもそも話にならない。・・・これはクリアしなければならない。だが切った残りは、出っ張りが短いとかなり難しくなる。なので溝は2つ作る。出来そうだ・・・というより出来なければならない。

    あと動画では、正確な角度で切った治具を使っている。これを定規にのみを当てて刃を入れるところを仕上げている。これを最初につくらねばならない。とりあえず 杉の 45mm の端材を切って 2枚張り合わせたのを2組作った。最近買った定規(通称 speed square)で多分墨は入れられる。丸ノコ POPOMAN は、垂直切りしか出来ないので手ノコでやらねばならない。さらにこれを定規にしてダボ切りのこでコピーを作る。ここまで出来なければ話にもならず先に進めない。

    ミニカンナ刃 は 26mm 幅なので 34mm 幅あれば良さそうなのだが、20mm 厚では刃の頭が上にほとんど出ない。15〜17mm ぐらいが良い。ただ薄いと多分持ちにくい。刃の頭が叩きにくいのであれば、そこだけ削ることにして同じ 20mm 厚でいく。2分割で作るのであれば 17mm を切り取る。長さは 9〜10cm にしたい。2つ分の長さにして長いまま加工したいので 20cm ぐらい必要。つなぎ目にかからない棒が2つあり、17cm と 20cm 。この2つを候補にして、丸ノコを使うときに切りとっておこう。あと作るのなら八分勾配(39°)にしたい。これだと堅い木に一応対応できる。

とりあえず塗ってみた。色が薄い。底までかき混ぜなければならなかったのか?乾燥は夏季2時間と書いてあるが、予定通りというか塗料が溜まったところがあるので、2度目は半日後かな。それはそれとして、塗料の内蓋が閉まらない。なかなか開けられなかったが、今度は閉まらないのだ。今は蓋で押さえつけているが、長期保存はできなさそう。色合いも好みではなかった。塗り重ねると印象が変わるかも知れないが、今のところ印象はいろいろと悪い。
3度塗りまで。木材に塗った感じはイマイチ。色が薄いし、塗膜も薄い印象。3度目は厚塗りしてみたのだが・・・。一方ミニカンナに塗ったのは厚塗りという感じが出ている。色がどれだけ薄いかというと、アサヒペイントの水性ステインの2度塗りより薄い。ナナメ横から見ると、確かにマホガニーの色合いなのだが、正面から見ると明るい。あと色むらがかなりある。同じ板の裏は、和信ペイントの水性ウレタン3度塗りと4度塗りなのだが、こちらは木目が見えないほどになっている。
もう気に入らないことが確定したので、塗装しない予定のものに使って消費してしまうことにする。塗装しない予定のものとは、物置の棚。合板に補強をいれただけのもの。面取りすらしていない。まぁ使えば汚れるだろうし、防虫にもなるだろうから塗装しておいても悪くない。もし余ったら、もっとどうでも良いものに塗る。それは、今作っている小さな作業台。合板に角材の足を付けただけのもの。

ミニカンナお試し
一応平面を出したので、新品の刃でミニカンナを試してみる。杉板のサイド 13mm を削ったところ、ちょっと刃を出しすぎたきらいはあるが、綺麗なかんなくずが出た。ただ、塗装の一部が汚くなった。まだ厚く盛ったところは、完全には乾いていないようだ。同じことを新品の本体でやってみたが、かなり難しい。こうなるとかんなの刃いっぱいのかんなくずを出せるか試したい。

丸ノコでいろいろ

まず、大入れ棚のパーツから。サイドの板2枚が未実装なのと、一段だけ裏板付けてやろうかと。まずは直線定規で 4mm 合板から裏板を切り出す。裏板は完全にデザイン。付けるかどうかも決まっていないが、とりあえず練習。次は、サイドの板2枚分の溝堀り。両側 15mm 残して掘るのだが、設定に苦労した。設定さえできれば後は簡単。深さをどこで止めるかの感触(ストッパーで止まるかんじ)も大丈夫。
次に20mm 厚のナラの板から17mm を切り落とす。2枚分。板が小さいので、板同士を両面テープで張り合わせ、さらにスタイロフォームに貼り付ける。広くなってしまうのは良いが 17mm を切るのは非常に困る。平行定規を使ったので、曲がるとすれば狭くなる方。ビビったので 18mm に設定し切り落とす。一応 17mm のラインを傷つけることなく終了。後で作った2枚を合わせてみると全く同じ。墨の方があってない。これを左右対称に掘り、真ん中から切って、折り曲げるようにして接着・・・の予定。無理だな。先に切って現物合わせでやるほうがマシだ。確実に刃が入る溝と、だいたい削るところにのこぎりを入れてやって、それだけ終わったら接着。あとは鑿で削っていく。これで良いのでは? あとクギを差し込む穴をどうするか?あとで外側から空けたらとんでもないところに空くような気がしてならない。内側からならグリグリやって大きな穴になったとしても正しい位置にもっていけるはず。当然充填はエポキシ接着剤。あと長いドリルビットか長いキリが必要だ。径によって長さが違うので確認しておかなくては。ダイソーの木工用セットの 4mmφなら 50mm 以上まで届く。しかし普通せいぜい 3mφだろう。大丈夫かな?

次は難物。35mm 厚のナラの板の横から 約40mm を切り落とす。くさび用。スタイロフォームに貼り付けて平行定規を使えば良かったのだが、直角定規を使うことに。speed square では固定しにくいので、自作の直角定規をデビューさせた。丸ノコと干渉するので、ベースに接する部分は 25mm 高制限があったのを忘れていた。途中までは良い感じだったが、干渉したので使用停止。で、speed square を使ったのだが安定しない。とりあえず表を深く掘って、裏。一応は切り落とせたが、断面が汚い。
他に 3cm 角材切りに挑戦してみた。まずフランジで刃を下すのにコツがいる。
posted by すz at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188981286
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック