2024年06月08日

園芸メモ〜2024初夏

あ、追記の文字制限に引っかかった。園芸メモ〜2024春の続き。

6/8
おふくろが梅酒用に梅を買ってきた。紅映。
さて、種を発芽させたいが・・・

https://bairindou.com/archives/1275
「まず7月ごろに完熟した梅の実から種を取り出し、果肉などは水で洗い流しておきます。種を密閉袋に入れ冷蔵庫で保管し、11〜12月になったら取り出し、水洗いをし、種まきをします。深さ20cmほどの鉢に赤玉土、腐葉土または樹皮堆肥を6:4で配合します。庭植えの梅は土を掘ったらたっぷりと堆肥を混ぜ込みます。」

https://www.youtube.com/watch?v=2ZMkJqv7UEI

あれ?のりんご氏はすぐ植えて一か月ぐらいで発芽している。

https://www.youtube.com/watch?v=V5vRbAbXYeM&list=PLeiGD3ovJULG5fOYoVvh1Xmu0HGv_0aCN&index=1

これも簡単に発芽しているなぁ。直接植えるのではなく、常温で湿らせる?

    たった4日で発根? そこから9日で発芽。

それはさておいて、私も梅酒を作ってみようかと。おふくろが作った梅酒を飲んだことがない。分けてくれないのだ。
  青梅…1kg
  氷砂糖…500g〜1kg(お好みで調整)
  ホワイトリカー…1.8L
  瓶 4L
用意するのはこれだけか。37% の良く分からないウイスキー 700ml (598円)を買ったので、丁度4割ぐらい。瓶はダイソーに売ってたな。

ウイスキーは地元ドラッグストアのブランドだった。国産で一応モルツが筆頭に記載されている。評判は値段相応という感じ。アルコール臭、水っぽい、苦みがある等。ラベルはかっこ良く高級酒だと言って飲ませない作戦が出来るかも。

    これ SANZZ と同じもののようだ。製造元が同じ。モルツ+グレーンで 11% , スピリッツ 89% というシロモノ。別に果実酒だから良いと思うが。880 円のものだと モルツ+グレーン 100%。

売っているのは青梅だが、種を植える場合完熟させる? 地元でも完熟したのは売っていない。
「梅は梅は冷凍することで細胞が壊れ、解凍した際に常温の梅よりもエキスが出やすくなります。なので、カンタンに美味しい梅シロップ・梅酒を作ることが出来ます♪」
という情報も。

あと梅は値段がべらぼうに上がっている。1kg 1280円(税別)! 1年2年前は 800円ぐらいだったような・・・。今年は暖冬の影響で大不作だそうだ。

    ニュースを調べると 5/31 出荷開始で、今スーパーを見て見ると梅のコーナーの商品がやたら少ない。すぐになくなってしまいそうな。また別のスーパーでは 1kg 1580円だった。ただし「剣先」という POP 。袋には「紅映」とも記されている。あれ?別の品種らしい。確かに「剣先」のほうは全く赤みがかったところがなかったような。

    勘違いだった。「剣先」1580円、「紅映」1280円でパッケージにもちゃんと書いてあった。

買った梅は 2kg でおふくろも洋酒で作るというので余りそうだ。追熟して黄色くなったのを冷凍すると良いらしい。・・・と言っても梅干しは作らないので結局は梅酒にしかしない。まぁいいか。

さて瓶の容量。400g ならば 1.6L 。そういえば、ダイソー のハンドルキーパー(大 900ml)を1つ持っていた。もう1つ買って2つ作ろう。

氷砂糖は、梅1kg に対して 0.8 〜 1kg か。とりあえず 200g づつ測って取り分けておく。梅は 1kg 貰ったので 400g 梅酒用。数を数えると・・・ 1kg で丁度 50粒。種取り10、梅酒20、冷凍20とするか。

平均 20g なわけだが、調べると 標準的に 30〜40g となっている。見慣れた大きさなのだが・・・大粒はスーパーに出回らないのか? なんか未熟なものっぽいので、種取りはせめて赤みが多いものから選ぶか。
・・・いや、そうはないか。大きいもの or 傷あり or 形が変なものにしよう。

追熟は黄色くなるまで放置だそうだ。目安としては3〜6日。買うまでに何日あったか分からないわけで判断は色? 種取りは本当に放置でも構わないはずだが、柔らかくなったら OK としよう。10粒なので、殻つきのまま冷蔵庫組6と植える組4? 

とにかく、2瓶浸け終わった。これから1年待ち? 冷凍梅の場合、1か月から飲めるという話なのであとでもう2瓶作るか。冷凍は24時間で良いらしいが、適当にやる。

6/10

水やり&チェック。梅(南高)は元気がない。いつも葉が萎れている。朝は露がおりて湿っているはずなのだが・・・これは枯れるのか?少なくとも成長していないような。鉢のぶどうも成長が見られない。この時期はどんどん成長するはずなのだが・・・。柚子の鉢は元気だと思う。まだアゲハの幼虫がついていない。また、5mm ぐらいの実が沢山。摘果をしないと。りんごは6本あるが、様々。1つは葉が赤い。新芽だけではなく全部が赤っぽい。となりの1つは新緑というか薄い緑。どちらもりんごCのはずでここまで違う。ほかの4つだがこれはりんごAとB。1つは葉が濃緑で成長が見られない。ぜんぶが新緑のものもあるし、新芽の葉の端だけが赤いものもある。あと葉に丸い茶色の斑点がでている木も。

ビニール袋を4つ外す。鉢のかぼちゃ、メロンと地植えのかぼちゃ、メロン。かぼちゃ、メロンは株元になんやらの芽がうじゃうじゃ出ていてツルがない。オープンしたら芽かきして、マラソン。あと黒うりにやたらウリハムシ。これもマラソンをかけておく。

あとナスとトマトの芽欠き。と言っても良く分からず。根本から生えたものはとにかく取る。ナスは花が咲いていたりするが、取るべき実はまだない。ナスやトマトの周りに植えた葉ネギは 10cm ぐらいにまで成長したのだが、トレイやポットのものはどれも成長していない。不思議? 水やりを頻繁にやらないとダメなのだろうか?

先にビニール袋をオープンしたかぼちゃ等はツルが伸びてきた。えびすなどは、随分と長く地を這っている。誘引すべきものはやらないと。

あと挿し木等、ぶどうの挿し木はまだ元気。他は実生かんきつで、柚子x6、マイヤーレモン、レモンだったか。元気そうな感じではあるが全然成長してないような・・・。

あと、そろそろ暑くなってきてたまらん。さらに水やりの間で虫に食われる。夜は過ごしやすかったが、それもそろそろ。

6/11

梅干しの作り方
https://www.youtube.com/watch?v=IXsI1dQThG4

へぇ、とりあえず干さなくても作れるのか。(土用干しがどうのと出ていたから最後には干す?) スーパーで見たが、生の赤紫蘇も塩もみした赤紫蘇も売っていて梅酢もあった。当面作る予定はないが、何年かして梅が沢山実る状況になれば、梅干しを作る以外にないわけで覚えておこう。
今は 梅1kg 50個が 1280円で、生の赤紫蘇が 398円。これで作るとコスパが悪い。しかし、梅の木1本で20キロほど実がなるとか書いてあったし、・・・え、1000個? いやいや、これはちゃんと手入れをしている生産者の話だし 1/4 ぐらいなら消費できるかも知れない。

さて、追熟中の梅だが買ってから 4日目。色は変わっていないが香りがするようになって来た。梅酒は追熟する必要はないはずなので、そろそろ冷凍しよう。種取りの方は果肉が柔らかくなるまで。ゴミの日に合わせて明日果肉を取ろう。

水やり。半分済んだ。袋栽培のかぼちゃは花が咲いている。メロンは株元がごちゃごちゃしているものがある。芽欠きをしなければ。残りの半分は昨日の夕方水やりをしたのだが、土が湿っている。適当に済ませた。その中にえびすが3つあるのだが、最後に植えてしかも真っ先にウリハムシにやられたやつは成長が止まっている。残りの2つはツルが伸びて1つは1m 以上、もうひとつも 60cm ぐらいか。摘心してないので目立ったつるは1本。これらは地這いで行くが他は空中栽培。鉢のものもあるがそろそろ大きくなって来たので支柱を用意しないと。

芽欠きとマアラソン撒き。かぼちゃ、メロンにウリハムシが居るのでまた撒いた。中には交尾しているやつも。見た感じ、メロンはツルがいくつかある。かぼちゃは株元ばかりやたら芽が出て良く分からないものも。そして、袋栽培の花は雌花だった。花元がぷっくらと している。目立つのはこれだけで、えびすは成長しているかかれからのようだ。

そして・・・柚子にアゲハが遂に来ていた。

「6月までは生理落下という、勝手に果実が落ちていく期間なので、その時期が終わってから開始しましょう。1果実あたり、葉っぱが100枚あるくらいの状態が木の理想的なバランスです。」

6/12 水やり。朝にもかかわらず水やりするだけで汗が滲む。ざっと見て気が付いたのは、小さなナスが1つ。取ってしまわないと。あと、朝に水やりだと一日で土が乾いている。ぶどうの挿し木で日光に当てている方は元気がなくなっているような・・・。


とりあえずナス1つと、柚子を沢山摘果。密集しているところや小さいもの 20個ぐらいだろうか。中には1cm ぐらいのものもあった。最終的には 15個まで減らすつもり。そうそう、アゲハの卵が3つ。多分昨日のやつだ。

ぶどうの挿し木で日光に当てている方は、1つ葉がなくなった。他も危険な状態。ダメだったか。

あとは肥料をやるか。トマトも支柱に縛り付けよう。

さて、梅の種を取り出した。ヌルヌルした分はワイヤーブラシで取った上でキッチンペーパーでしごく。今植える分は3つにした。残りは冷蔵庫の予定だが、
「核果類の初生根:発根条件は、5〜15℃が一番良いのです。冷蔵庫の温度になりますね。詳しく言えば、核果類種子は湿層処理で0<3℃程に保管すれば良い」
え? 殻割りしたあとキッチンペーパーでくるんで湿らせて冷蔵庫か。野菜室で良さそうだが・・・。

殻割りは4つのうち3つ成功、道具はプライヤー。野菜室はやめて普通に湿らせた状態で冷蔵庫。残りはどうしよう、乾かして冷蔵庫?

あとりんごを剪定。南北以外の枝はいらないし、まっすぐ上に伸びた枝も切る!  

    茶色で明確な斑点があるのが気になるのだが・・・「ナシ赤星病」っぽい。サンケイエムダイファー水和剤やオーソサイド水和剤といった殺菌剤が有効だという話だが、当然持っていない。ジマンダイセン、マンネブタイセン、サプロール、オーソサイド水和剤も有効だそうだ。

他に、ぶどうの側枝を1本切り取った。緑枝挿しをやってみるか。

そういえば、これ。
https://www.youtube.com/watch?v=Sy-Kqd0OT2Y

梅干しから発芽したという動画。これをやってみたくて園芸を始めたのだった。他に青梅もやったのだが、全滅。確か3〜4年前だったから、成功していたら今頃・・・と思わないでもない。果樹をやるのであればちゃんと調べるべきだった。なお、この動画の後枯らしてしまったそう。

6/13 半分水やり。その間に結構虫に食われた。痒い。
ウリハムシが一番手前のメロンに進出して来た。あと袋栽培の坊ちゃんかぼちゃ。実が 2cm 以上に膨らんでいるものが2つ。肥料をやるべき? そういえば、トウモロコシも雄花が出る直前に肥料をやるのではなかったか?

    かぼちゃは実がこぶし大になってから追肥だそうだ。ナスも実がなってから 2週間おきぐらいに追肥。ししとうは収穫が始まったら、月に一回程度。


関係ない話。動画で 7000年前の鬼界カルデラ(アカホヤ大噴火)の話を良く見るのだが、3万年前には もっと規模が大きい鹿児島の姶良カルデラの噴火があり大阪で35センチ、東京で10センチ、仙台で5センチの降灰があったらしい。さらに規模が大きい阿蘇カルデラの大噴火は9万年前。これが最大というわけではなく、屈斜路カルデラというものも。
人類がどうなったかはサテオキ、気になるのは植生。35センチも火山灰が積もれば絶滅しそうなものだが、何回もそういう目にあって生き残っているのはたいしたものだ。いや生き残るわけはないか。すごいのは繁殖力? 確か日本は植物や虫の種類が多いと聞いたことがある。被害の少なかった地域から繁栄して絶滅なんてことを繰り返したのだろうか? なかなかに逞しい。

さて、冷凍梅は3日目。そろそろ浸けるか。ダイソーのビンは蓋で区別できるようにした。冷凍梅は灰色。一か月以上で飲めるとなれば、8月前後。楽しみ。

    あと飲み始めと梅の取り出しは時間差がある。どうしようかと考えたのだが、オリゴ糖の容器を使おうかと。梅を取り出さずに注げるし、蓋で密封も出来る。梅の取り出しをする時期になったら元のウイスキーの瓶に移す。

あとは・・・挿し木か。ダメもとでやるか。ついでに梅の実を1つだけ撒いてみよう。冷蔵庫だと9頃発芽っぽいので、すぐに植えた方が早く発芽するかも知れない。

ぶどうの差し木はもともと6つで、3つ移動したから置くところが3つ空いている。緑枝挿しは上下2分割して2つ作成。葉っぱは大きいので 1/4 かそれ以下まで切りとる。ついでに梅の種を1つ。残り5つ。

土は果樹用の赤玉+腐葉土かな。再生したもの。乾いているので一回水やりして吸収させたらもう一回。

ぶどうの挿し木のメモ
 4/16 6つを休眠挿し
 5/4 3つを日光に当てるよう移動
 5/21 自転車小屋の3つは発根してなかった。根元を切ってやりなおし。
 6/13 新たに2つ緑枝挿し+梅の種まき
日光に当てた方はダメな感じ。1つ鉢からだしたところ全く発根しておらず。この3つは全滅か。自転車小屋の方も同様な気がするし、緑枝挿しも気休め。ぶどうは簡単だと有名なのに・・・。

    ぶどうの緑枝挿しは成功しないそうだ。聞いたことがないから、そうなのかも。

レモンは 7.5cm ポットのままなので ついでに 10.5cm に植え替え。・・・出して見たら2株あった。根も絡まっておらず2つに分けられた。ほぼ一年して初めて気が付くとは! レモンはほぼ枯れた中、株が増えて嬉しい。マイヤーレモンが1株、レモンが2株。

午後の水やり。あれ?虫に刺されない。早朝がダメなのか? それはともかく。ナスの小さいのを2つ もいだ。トウモロコシが大きくなって来た。ひまわりより背が高いような。。。あと側枝というか3つぐらいに分かれている。これはどうすべき?


蚊取り線香購入! アース製薬の大きいやつ50巻。なぜかスギ薬局が安い。いつも行くドラッグストアは 798 だが、スギは 598 。今年からパッケージが変わって「長寿香」となったが値段変わらず。一応ダイソーのものとは違って「医薬部外品」。

6/14

追肥調査

とうもろこし:1株当たり1握り程度(約50g)
ナス:植え付けから約1カ月経ったら、2週間に1回。1株あたり化成肥料をひと握り(約20〜30g)追肥
ししとう: 収穫が始まったら、化成肥料を1株あたり30g程度。 その後は2週間に1回が基準。
 一番果・二番果は、小さいうちに収穫
黒うり;着果が確認できた頃から草勢に応じて1株当たり化成肥料30〜50gをつる先に追肥。

果樹と比べて圧倒的にたくさんやるのか! ダイソーの化成肥料だと 350g だから 10〜12株ぐらいでなくなる。ひまわりでさえ追肥するという話。

とりあえず残り半分の水やり+追肥。ナスに 15g ぐらい。前にやった肥料の粒が残っているので、控えめ。小さな実がなっているものがあったので2つ取る。ししとうにも追肥 15g これも実がなっている。3つ取る。
とうもろこしは2か所だけ追肥。エダマメと一緒に植えたのはどうすべき? あとカメムシもそろそろ出てきている。

6/16

昨日は水やりをさぼった。早朝は虫さされが嫌でヤメ。しばらくしたら暑すぎてやる気なし。だが夜に結構雨が降ったよう。自転車小屋の分だけ水やりで終わる。夕方はまた雨が降るようなので今日はパスかな。

光合成細菌は調子が良くない。エビオス錠を追加してみたが、その分白く濁るので黄色っぽくなったような・・・。なんかダメそうだ。

あと農薬の混用。殺菌剤はベンレートしか持っていないのだが、マラソンと混用事例が、みかん、もも、きゅうり、ナスがある。BT剤のバシレックスとの混用もりんごに事例がある。

光合成細菌は増殖できたとしても間に合いそうにない。

6/17 昨日は水やりをサボった。雨が降る予報だったのだが、殆ど降らず。今日はしっかり水やり&チェック。
えびすはいくつか実が大きくなりだした。直径 3cm 超えぐらい。成長が芳しくなかった1つもつるが伸び出した。こぶし大まで大きくなったら追肥か。とうもろこしも大きくなって来ている。穂が出そうになったら追肥。ひまわりはやらない。

格子棚のところの坊ちゃんかぼちゃやメロンもツルが伸びている。ネットに縛り付けないと。あと、トマトも大きくなっているがしゃきっとしていない。支柱に縛って脇芽も取ろう。ナスは縛ってあるがさらに大きくなっている。これも上の方を縛らないと。ししとうだけは小さいまま。黒うりは葉の周りが茶色になっている。そういうものなのか?病気?

果樹の方は芳しくない。梅は益々枯れそうな。ぶどうも成長が見られない。柚子、桃、ヘーゼルナッツは元気。

そういえば、桃とデラウエアがスーパーに並び始めた。まだまだ高く2つで 700円ぐらい。桃は小ぶり、早生品種なのだろうか? 

    去年食べた桃は、種の殻割りをしたら、まともに種が育ってなかった。ジベレリンとかで処理しているのだろうか? 期待うすだが、桃を食べたら種を植えてみたい。

    (南高)梅はダメそうなのだが、育たないならそれでも良いかと思えて来た。紅映が育てられるならそれで良い。



6/18 今日は午前中雨。自転車小屋の分だけ水やり。

思い出して冷蔵庫の梅を確認。変化なし。6/11 に冷蔵庫だから 7日が過ぎた。そう上手くはいかないようだ。

6/19

水やり。とうもろこしは雄花の穂が見え出したのが1つ。肥料をやってないのが4つあるのでやるか。あと何故かとうもろこしにカメムシ。農薬もそろそろか。
えびすの実は 4cm ぐらいになって来たのだが、黄色くなったものが1つ。受粉失敗? 

とりあえず、とうもろこしに肥料。15g づつ。植穴が小さいのでそれ以上は無理! 15g は 入浴剤の計量スプーン。あと、ししとう採取。しかし1個だけ。

6/20 水やり。ナスはまた実がなりつつある。そろそろ摘果しなくて済むのだろうか? 実といえばぶどう。葉に隠れて小さな房が。まだ 1cm あるかないかの実が房に10個ぐらい。袋がけ?すべきか調べておこう。柚子は数を数えたら 20個超。発育の悪い奴や固まって実が成っているのを摘果しよう。

昨日は黒うりにつるを誘引したが、メロンもツルが伸びてきている。これも誘引しよう。昨日マラソン+ベンレート液を作ったがダイソー300円噴霧器が使えなくなっていた。今日は移し替えて普通のスプレーで噴霧しよう。

いくつかつるを吊って来た。坊ちゃんかぼちゃの実は緑色と黄色があった。黄色はダメだろうと思うので切っておいた。ぶどうは2房あった。実の数を数えたら6個と10個。食べられるところまで行くかどうか? 種取りはできるか。あと柚子は小さいのを3つ4つ摘果。まだ20個はある。大きいのは 15mm ぐらいに成長! 

えびすにあった黄色の玉は茶色に変色。他に株元から初期に伸びていた葉が枯れ始めている。これらも切る。これらをチェックしながら、マラソン+ベンレート液を撒く。あと、鉢植えの坊ちゃんかぼちゃはツルが伸びていない。株元にわらわらとある芽を摘む。あと小さなバッタを見るようになった。

りんごにもマラソン+ベンレート液を撒く。赤色だったやつは緑がかって来た。色は相当汚い感じ。他に緑色が濃い木があって生育が悪い。さらに良く見るとそれには黒い斑点が沢山。ダニかな? オレンジ色の斑点があるものが2つあり症状が進んでいる気が。

あと梅:「梅は梅雨を過ぎたあたりから葉がくるくると丸まってきます。 花芽ができてくると葉がそのような状態になります。 来年の花を咲かせる準備が順調にすすんでいるサインです。 しおれているわけではありませんのでご安心ください。」
そういうことなのか? 



posted by すz at 22:19| 日記