2008年04月11日

XMEGAの日本語データシート

XMEGAの日本語データシートが、3/31 に出ていたことをいまさらながら知った。

Atmel の XMEGAのページからたどれるオリジナルの ATxmega A Manual Preliminary の忠実な翻訳なわけだが、正直日本語版でないと読む気がしない。

英語じゃなく日本語というのも大きな理由だが、理由はそれだけではない。表や図がカラーになっていたり、見やすいよう枠を入れたり、配置を変えたりしてあって読みやすいのだ。

ちなみに、WinAVR での対応は次のバージョンだそうだ。でも、チップがいついくらで入手できるかは不明。

先に発表された AVR32 の ワンチップ AT32UC3Bシリーズはデジキーに登録された。128KB の AT32UC3B1128が 1069円で、リードタイムが7/13。ATxmega128A4が、これより早く入手できることはないだろうし、これより高いこともないだろう。
posted by すz at 02:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30760453
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック