2010年04月19日

EzPCB から基板が来た

ついに EzPCB から基板が来た。とりあえず記念撮影。(ちなみに角は自分でヤスリで削った。)

srt162b3:


L15C:


L28A3:


L24A3:



  • 4 枚をばらばらに切ってもらったのだが、一部にバリがあった。全体的には精度は高いようだ。-- srt162b3の ベタと Cut-Line の距離が均等。
  • スルーホールにかかったシルクは、ちゃんと前処理して かかった部分のみ取り除いている。ただし、ちょっとずれてたりする。あと、小さい字も一応ちゃんと読めるようだ。
  • 09410089-1/2/3/4 という 番号が 端に入っている。
  • 肝心のパターンとかレジストとか一見するとしっかりしているように見える。パターンがちゃんと出来ているかより、バグってないかのほうが心配。
  • 4 種類 x 6 枚はちょっと分量があった。記念の分もいれて 4 枚で十分か。


いまは、ちょっと別のことに興味が出ているので基板作成はぼちぼちやっていく予定。-- XMEGA の前に CPLD を確認するから、L15C から作るつもり。srt162b3 は条件はないので気が向いたときに作る。今回は LCD までちゃんと付けるつもり。

パーツ的には 肝心の XMEGA だけがない状態。今すぐ作るなら 共立で売っている XMEGA64A3で妥協するのだが ... XMEGA は後回しだしそのころには状況が変わっているかも知れない。

(カテゴリ変更したので、その前の記事を抜粋)


タッチパネル付き 2.8インチ液晶 を載せた XMEGA A3 のボードを作ってみようと思う。

(中略)

とりあえずは、120x120 に面付けするデータは揃った。 出来ると発注したくなるのだが ... ezPCBが良いのかな。まぁ慌てて発注しなくても良いか。

    最近は、P板以外にだせるように、ドリルを 0.4mm にするようにしていたのだが、PCBCART の標準では Annular Ring の最小が 0.3mm 。-- ためしに DRC で Restring の Min を 0.3mm にしてみると ぜんぜんダメな感じ。最初から意識してデザインしていないので無理。EzPCB は、どうなのか? 「EzPCB への基板発注」を見ると、よくわからないものの PCBCART よりはマシみたい。-- Hole Postion Deviation 0.03mm とは ezPCB の Capabilities に書いてある。よくわからないが、基板の方は0.2mm ならなんとか出来そうなので、とりあえず 0.2mm に変更してみることにした。... といっても配置とか少し変えないとルーティングすらできないようなので少々面倒。

    あと、EzPCB は穴数無制限らしいし、V-cutting ならやってくれるみたい。面付けするつもりなのでうれしい点。ただ、基板間はどれぐらいスペースを取ればよいのか?

2つ目の小基板





あまり変わり映えしないのであるが、載っているのは CPU ではなく CPLD 。CPLD に SPI で接続するのは XMEGAボードと 同じだが、ピン配置を変えて機能も変更した。

DAC23-U4 ボードと組み合わせてデバイスを使えるようにするのが目的のボード。デバイスは、CPLD と MicroSD と シリアルFLASH 。CPLD から接続するデバイスは、LCD と PLL発振器 あとボタン。 PLL の入力クロックは、EVIN で、VCO を 分周したものを EVOUT として出力する。AVR から見ると、EVIN は PWM 出力 で EVOUT はピン変化割り込みとか。

こちらの方がむしろ作りたい。XMEGA ボードを作る場合、LCD を取り付けるのが最後になる。で、CPU 周りのテストとかプログラミングをやって一通りできてからLCDを付けることになって...いつ LCD を付けられるのか? ということになりそう。このボードだと、CPLD のテストが主目的だし、早い段階で LCD を使ってみることができる。それに、SRT162 ボードと同レベルのテストもやりたいし、デバイスは欲しい。

面付け完了





あとファイルのリストを作れば、EzPCB に発注できる状態にはなった。あと配線ミスがないかチェックが終われば出したいのだが、ライブラリも自作なので信用できない。-- いつになるやら。ちなみにサイズは、116.3 x 113.3 。Price calculator の自動見積りでは 4 枚だと 111.39 ドルで、8 枚でも 138.56 ドル。(EMS 送料込み) 。4 枚で十分だが... どうしよう。

  • ソース他全部入りのスナップショット → ez1004-03.zip


EzPCBにオーダー



もうオーダしてしまうことにした。

サイズは、116.3(W) x 113.3(L) で Price calculator の自動見積りでは 4 枚だと 111.39 ドルで、8 枚でも 138.56 ドル。(EMS 送料込み) 。

だったわけだが... v-cuting の料金が $30 かかる。パネライズのための面積追加は必要ない。

また、最初間違いで EMS 送料が $20 のところ $30 と請求された。(要チェック)

Paypal の場合、合計金額の 4% を bank charge (受け手が支払う手数料分)として追加。

結局 間とって 6 枚で発注。

自動見積もり $125.64 (6 枚+EMS) + v-cutting charge $30
合計額 $156/6pcs + $8
支払い額 $162

おおむね、こんな感じ。思ったより高い。P板.com の ワークサイズパッケージは、やはり格安だった。

ところで、修正依頼がきた。1.4mm のドリルを使ったのだが、1.65mm にしなければならないらしい。

オーディオジャックと 丸ピンICソケット のコンタクト(?) を埋め込んでみたいだけで付けたコネクタなので、まぁ対応するのは良いのだが ... ほんとかな?

これは、間違いだった。



なんの事を言っているのかワケが分からなかったのだが、イメージファイルを送ってもらって、ようやく理解できた。

要するに、コネクタの部分とベタアースの間のクリアランスが足りないということらしい。

    ドリルは、1.1mm で Pad の幅は 10% なので 0.11mm 。直径は 1.32mm 。で クリアランスは 0.2mm なので 1.52mm のはず。

ベタアースは16角形で、ドリルとその周りはちゃんとした円。誤差で指定したクリアランスにならないのかも知れない。(大き目のドリルだと誤差が大きくなる?)

問題は判ったのだが、eagle で、どうやって直せば良いものやら。皆目わからない。

試行錯誤の結果、Pad-Wire 間のクリアランスだけ、0.235mm にした。(他は 0.2mm)。ルールが変わるので、対応はかなり大変。少しでも楽にしようと思い Smd の 角に 4mil の丸みを付けることにした。-- 角を削るから、ナナメの線との距離に余裕ができるわけだ。



緑が前回の ベタアースで、今回のが黄色。わずかしか広くなっていない。eagle では、Pad-Wire のクリアランスと Smd-Wire のクリアランスが同じ項目なので、あまり広げると Smd の方も影響を受け、配線自体ができなくなる。

    例えば、0.65mm ピッチに 0.4064mm の電源ラインを配線しようとすると .. となりの Smd との距離は (Smd も 0.4064mm として) 0.2436mm 。このあたりが限界。




ポリゴンの Isolate で値をいれることで、似たことが出来ることが分かった。対 Pad で出来ると まさにやりたいことになるのだが、Isolate は、境界が対象。上のイメージでは、0.254mm を指定した。-- 今回はこれでいこう。



送ったのだが、全然メールの返事が来ない。再度催促したら、返事が来た。ez1004-07-out.zip は受け付けられて製造中だそうだ。とりあえずほっとした。

ez1004-07-out.zip 最後に送ったのが、3/28 。3/29 に受け取ってもらったかどうかは怪しい。催促して 返事が来たのが 4/2 あるいはここから スタートしたのかも。
4/12 に 4枚に切るがそれで良いか?という質問が来た。さらに 4/13 住所を教えろというメール。どうもできたらしい。

あと一週間ぐらいで届くはず。だがしかし、テンションは大分落ちてしまっている。まぁボチボチやっていこう。

4/17 夜基板を受け取った。思えば長かった。その間に別のものに興味が湧いてテンションが下がっていたのだが ... 基板をチェックしているとまた作りたくなっても来ている。うーん困った。
posted by すz at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | プリント基板
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37225780
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック