2011年05月13日

ARTEMISボード(まとめ)



ARTEMISボードの情報は分散しがちになりそうなので、ここにまとめていこうと思う。

  • 紹介

      Xilinx の FPGA Spartan-3A (XC3S50A/XC3S200A VQG100) ボード。標準的なJTAGのコネクタはなく、秋月のUM232R か 自作 MEGA32U2 ボード(UM162) をマウントして 一体にして使う設計。

      サイズは、37.5mm x 47mm 。



        RFADテクノロジー MK6040 にマウントできるよう短辺のサイズを決めている。(参考記事)。長辺は、Fusion PCB の 50mm - 自分で切る場合の余白。秋月 C 基板の短辺でもある。

      SDRAM / コンフィグ用 SPI_FLASH / 水晶発振モジュール(5mm x 7mm タイプ) を搭載可能。

      UM232R/UM162 との通信用にピンをさいていて、外部装置との I/O ピンは少ない。

        ピンの割り当て数
        外部接続用(1) 8
        外部接続用(2) 8 (8bit 幅 SDRAM のとき使用可能)

        SDRAM 39
        SPI_FLASH 4
        UM232R/UM162 13/15
         4 (JTAG)
         4 (USART/SPI)
         1 (CLOCK 用)
         6 (FPGA 制御用 PROG_B/INIT_B/M1/M2
         + CCLK/DIN(UM162のみ) )

        LED 2 (VS0/VS2)
        タクトSW (FPGA リセット専用 PROG_B)


      その他

        電源は、1.2V にスイッチング電源ICを使用可。3.3V は レギュレータだが、電源強化用基板でスイッチング電源化も可能。

        外部接続用(1) に接続できるオプションボード(USB/MICRO SD/PLL)も作成。

      (使用目的)

      最初は、設計した基板を作ること自体が目的だったが、AVR互換コアを作りだして 回路設計が楽しくなり、AVR互換コアを実際に動かすことが主目的になっている。

      50A では、かなり厳しい。実用的なものを作るというよりパーツの開発用。


  • eagle ファイル

    • artemis-01-fusion.zip (Fusion PCB 提出用)
    • artemis-01.zip 全部入り

      以前作ったボードの焼き直しだが、ファイル名を変更したりしている。Fusion PCB が $9.90 になったので、ARTEMISボード を単独で 注文してみた。-- もともとは 動作確認できたあと 1.6mm でつくり直そうと思っていたのだが、これだけ安ければいいか。

      記録:
      2011/05/12 動作未確認のまま、見切り発注。
        - Registered Air Parcel : +$3.52, Total: $13.42(1117円)
      5/19 発送のステータスになった。(メールが来る)
      5/24 日本郵便の検索に表示されるようになった。(5/20 引き受け)
        5月25日国際交換支店から発送 (HONG KONG)
        5月26日国際交換支店に到着 (NARITA)
        5月27日通関手続中

  • テンプレート

  • AVR互換コア

      AVR8L という 縮小版の AVR コアの上位互換 (縮小LDD/STD 命令を追加)。avr-gcc は専用のものが必要。

    • rtavr-wk11b.tar.gz (頻繁に更新中)

    • (リンク) AVR互換コア(テスト3) 専用 AVR_Toolchain のリンクなどの情報。

      (ステータス)
      コア自体は完成度が上がってきた。いまは、実機テストの準備中。

      構成を変えられるようにしていて、機能を縮小することにより 50A にも Implement 可能。

        50A には、ISP と機能縮小版 USART / TIMER0 / SPI / PORTC が入る。

        INT0/PORTC のみの構成なら、500 スライスを切るので、他の回路も一応入れられる。


  • ライタなどのツール
    (ステータス)

    • bit/mcs ファイルを読み込むコードを作成
    • ISP のプロトコル決定

    自前でツールを作り、bit/mcs ファイル の 直接コンフィグ/ SPI_FLASH への書き込み。及び ISP での ROM ファイル書き込み を できるようにしようとしている。

    まだまだ、構想中。

posted by すz at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | artemis
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/45132465
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック