2011年06月19日

UM232H

FTDI のドキュメントを調べる機会があって、見ていたら FT232H という Hi-Speed(480Mbps) のチップが出ていることを知った。このチップを使ったボード UM232H も FTDI から出ている。(データシート)



    デジキーの価格は、UM232H が 1801円。

    FT232R の AE-UM232R と比べれば高いし、シリアルが 12Mbps で動いたところで、普通の使用方法ではメリットはないだろう。

    メリットがあるのは、MPSSE を使った JTAG や BitBang 使うようなものや、SYNC 245 FIFO/FT1248 を使った 高速パラレル通信。MPSSE を使った JTAG は、最大 30Mbps , SYNC 245 FIFO は 40 MB/sec と書いてある。

    FT232R 用 BitBang ライタ も そのままで動いて、速くなるんじゃないかと思う。

      ちょっと見込みが甘かった。値は設定できるが、平均 550kbps ぐらいしか出ていない。(8bit x 2(ON/OFF) x 往復 だからデータの 転送レートは 2.2 MB/sec = 17.6M bps) 。 Full-Speed の性能は超えているから 確かに Hi-Speed だが、ちょっとしょぼい結果だ。

      AN232B-03:D2XXDataThroughput を見ていたら 1回の Write サイズを 3968 の倍数にせよと書いてあった。すなおに 3968 バイトにしてみたら 平均 2.3 Mbps になった。これならまぁいいか。

      (追記) FT_SetUSBParameter で 16KB を指定し、1回の Write サイズを 3968 x 4 にしたところ 3.87 Mbps まで出た。MPSSE の 1/5 ぐらいの性能だが、FT232R/245R 用の コードで動くのが、作る立場でのメリット。おまけでここまで出るのなら不満はない。

    従来から FT2232H があるが チャネルは 1つになった代わりに、安くなった。-- チップ単体だと FT232HL (LQFP48) が 383円。FT232R と比較できる価格だ。

    • FT1248 というのは、新規の機能のようだ。FT2232H にはない。

    • VCCIO は、3.3V のみ。これは、FT2232H も同じなようだ。5V トレラントにはなっている。

    最近は、FPGA に興味がシフトしているので、気になっている。

    JTAG では特に高速な方が良い。またパラレル通信の帯域はかなり魅力的。これぐらいの性能で PC とやりとり出来て、電子工作で使えるインターフェイスは少ない。しかもパラレルだから FPGA で受けられる周波数になっている。

部品についてのメモ:

チップも安いから、基板を設計したくなる。LQFP48 は小さいから AE-UM232R のサイズに入れられそうだ。互換ボードとか作ったから、いろいろ流用できそうだ。

ただ、ピン互換にするメリットがあるのかどうか? MPSSE がメインなら、シリアルとして config しないことになる。+αの機能を入れるなら SYNC 245 FIFO か FT1248 ではないかと思う。そうなると ピンが足りない... ような?

SYNC 245 FIFO/FT1248 を使わないなら、JTAG 専用で 良いではないかと言う気もする。.. となると Sparkfun FTDI Basic Breakout (3.3V) みたいなデザインが良さそう。(ただしピン互換は無理。RTS が必要だが 6pin に入っていない。)

  • MI0603J600R

    チップフェライトビーズ。60Ω@100MHz 。いろんな USB 関係の回路図で VBUS から 電源を取る場合に チップフェライトビーズを通している。 このチップは、Lattice の USB JTAG (FT2232HL) の回路図でも使っていた。UM232H だと 3 つ使っている。(VBUS からの 入力, VPLL, VPHY) 。

    秋月に BLM18PG600SN1D (1608, 60Ω@100MHz, 25個100円) があるので、ここで買う必要はない。ついでに買うなら ... という感じ。

  • PGB1010603

    USB D+/D- は直結なのだが、これが GND との間に入っている。ESD 保護用だそうだ。FT2232H の回路図にはないから、推奨といったところか?

      Arduino UNO の回路図みてたら、これが入っていた。思ったより一般的なのか?

      ちなみに、GND との間ではなく、SLD との間。SLD と GND の間には、BLM21 という チップフェライトビーズが入っている。値は書いてない。

  • MCR10(12K)

    1% 誤差指定の 12KΩが必要。買い忘れないようにしないと。

  • 93LC56BT

    UM232H の回路図では、SOT-23-6 の 93LC56BT を使っている。(16bit モードのある B でないといけないらしい 要注意)

  • NX3225SA

    表面実装型の水晶で、秋月で扱っている FA238 (3225サイズ) に置き換えられるのは、これ ... なのか?

    12 MHz が欲しいが、95 円もする。秋月の FA238 は、16/20/25 MHz のみだし、仕方がないか。

    .. ただ、ハンダ付けで一番苦労するのは、いつもこの水晶。ちょっと悩む。

  • NX5032GA 2pin SMD で安いというと こういうやつ。 73 円だし特に安いわけではないが、ハンダ付けが楽そう。ラジアルタイプは安いが、安っぽい感じがして嫌。固定する方法も悩む。

UM232R

    UM232H があるなら、UM232R もあるのか? ... と思ったのだが、同然ながらあった。
    で、データシートを見てみたら AE-UM232R とピン配置が 同じだった。

    ちなみに、AE-UM245R も UM245R もある。こちらはピン配置が違う。UM245R は、UM232R のチップを載せ替えただけのようなピン配置で、AE-UM245R は、秋月オリジナル。

追記(2011/10/8): ストロベリー・リナックスの FT232H モジュール
posted by すz at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46134061
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック