2012年05月14日

ACT8796

興味深い電源IC を見つけたのでメモ。

    Android Tablet に使われている電源用IC として Active-Semi の IC がある。

    ここ を見ると各プロセッサー向けにカスタマイズした電源ICを提供しているようだ。

    所有している Tablet の Novo7 Paladin は、JZ4770 という MIPS の チップを採用しているが、それ用の ACT8600 というチップを使っている。これの データシートがダウンロードできるので見てみた。

    なんと 1つの昇圧 DC-DC コンバータ(OTG 用 5Vに使う)、3つの降圧DC-DC コンバータ(3.3V , core電圧 , DRAM 電源?)、5 つの LDO(レギュレータ) を持っていてさらに バッテリー(1セル)の充電まで出来る。すべての電源をこれだけで管理できて、結構すごいと思ったのだが、Tablet の中に入っているもので、電子工作には無関係。単独で入手もできそうにない。

    では、入手可能で データシートも入手できるものはないかと探したら、1つ見つかった。それが ACT8796 。パッケージは、QFN24 (0.75mmピッチ) で 敷居は高いものの電子工作で一応使える範疇。

    チップ自体は、taobao で入手できる。値段はいろいろあって どれが妥当なのか 判別しがたいが 10個 42元(600円ぐらい?)のところ がある。

    さて、このチップの機能は 3 つの降圧DC-DC コンバータと 3つの LDO 。そして、(LDO も含め)それぞれの出力を、I2C で設定できるようだ。AVR と組み合わせて 実験用の 電源にするとか ... バッテリー駆動の なにかを作るときの電源にするとか ... なにか有用な使い方があるかも。

PowTech PT1502

    ついでに電源用 IC PT1502 のメモ

    これも taobao で購入可能 + データシートあり。

    こちらは、バッテリー充電 機能に加えて 降圧 DC-DC コンバータ + LDO 2 つ。I2Cなどはない。充電関係では、AC アダプタ , USB を区別できる。あと Power-on 回路。AVR とかをバッテリーで 制御するには便利かも。 降圧 DC-DC コンバータ は 1.2V とか core 電圧向きで、ARM とか FPGA/CPLD でも使えそう。

    降圧 DC-DC コンバータの電圧は、FB の分圧抵抗で決める。LDO1 は 3.0V 固定。LDO2 は、(ピン設定で) 2.5/2.8/3.0/3.3V から選べる 。

      PowTech PTxx を買うなら、taobao の この店が 良さそう。PT1502 だけでなく、1セル充電IC(PT6181) , LED 向け昇圧IC(PT4181) , 降圧 DC-DC(PT1281 等) を扱っている。ただ、値段が 安すぎで 不安 -- なにか誤解しているかも。

posted by すz at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55856698
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック