2012年08月23日

アルミケース三種

気になったアルミケースについて。

aitendo のアルミケース(B) 550円


     基板幅 (最大 47.4mm) 基板長 (最大 77mm) ケース高(外寸 21 mm)
     専用基板 P47X77-B
     ケース・フタ B-CAP

これが気になった最初のもの。ケースに溝があって基板が入るのだが、どうやら秋月C基板がはいりそうな感じ。

最近は C基板が入るかどうかより、Fusion PCB や IteadStudio で作る基板に向いているのかどうかの方が大事。5cm x 5cm は $9.99 と格安だから、このサイズに合うかどうか ... 幅はちょうど良いが、少し長い。押し出し材だから切ってしまうという手もあるが、5cm x 10cm も最近は安いようで、$25 出せばカラー基板が作れる。

タカチ MX型丸型モバイルケース (pdf) 590 〜 670円 (標準価格)


    MX2-6-5, MX2-6-8, MX2-6-10 -- 基板幅 (最大 47.7mm) 基板長 (最大 45mm, 70mm, 95mm) ケース高(外寸 18 mm)

あらためて、タカチのケースを見れば、ちゃんとあった。MX型は値段も安いし、45mm と 5cmx5cm に合いそうなものもあった。5cm x 10cm までで作るなら、MX2-6-10 も良いかもしれない。

タカチ MXA型アルミモバイルケース (pdf) 1290 〜 1490円 (標準価格)


    MXA2-6-5, MXA2-6-7, MXA2-6-10 -- 基板幅 (最大 47.7mm) 基板長 (最大 40mm, 65mm, 90mm) ケース高(外寸 18 mm)

    最近は、オールアルミで仕上げが美しいタイプもある。その分お高いが、目指すものによっては、これを選択するのもアリなんだと思う。

... というわけで、ちゃんとケースに入れるものを作ってみたいような気がしている。最初は、MX型の MX2-6-8 か MX2-6-10 あたり? ただし問題は中身。装置として完結していないと ... 。
posted by すz at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57699909
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック