2012年09月15日

FT232Rボードとか

ちょっと思い立って goodluckbuy.com で FTDI を検索 してみたところ、FTDI Basic Breakout っぽいボードが出ていた。



 FTDI Basic Breakout Arduino USB-TTL (goodluckbuy.com) $6.56
 FTDI Basic Breakout Arduino USB-TTL (dealextreme.com) $7.50

かなり安いのだが ... よくよく見ると ピン配列は同じものの、垂直にピンソケットが付いている。

なんで? と思ったのだが、どうやら 検索のついでに出てくる 『MWC MultiWii』 のほうがメインで、それで使いやすいようになっているようだ。

    『MWC MultiWii』を知らなかったのでググってみて、『MWC MultiWii SE Standard Edition(CRIUS)』という記事を発見。

      この一枚の中に3軸ジャイロセンサー、加速度センサー、気圧センサー、方位センサーなどがセットしてあります。

    とのこと。さらに調べると 『有志が作成したデータシート』が見つかった。



    - ITG3205 three-axis MEMS gyroscope, I2C, 16-bit ±2000°/sec, 3.3V-6.5mA
    - BMA180 three-axis accelerometer, I2C, 14-bit, <0.15° accuracy, 3.3V-800uA
    - BMP085 pressure sensor, I2C, 0.3m resolution, 3.3V-10uA
    - HMC5883L three-axis digital compass, I2C, 12-bit, 160Hz, 1-2° accuracy, 3.3V-100uA

    基板のサイズは、50mm 角となっているが、40mm 角のタイプもあるらしい。あらためて goodluckbuy.com で検索すると $40 ぐらいからある。センサーだけのボードもある。

    なかなかに興味深い。arduino として使えるなら、quad copter のコントローラにこだわらなくても、倒立振子とか 用途はいろいろありそう。

FT230X/FT231X

    実を言うと FTDI を検索してみたのは、FTDI の新しいチップの FT230X/FT231X に興味を持ったため。そして、興味を持ったのは、QFN パッケージだったりする。サイドまで パッドがつながっている QFN なら容易にはんだ付けできる -- そして FT230X/FT231X は 今までのパッケージと違って サイドまで パッドがつながっているのだ。しかも安かったりする。Mouser だと 180 円前後。

      FT230X は 16pin / FT231X は 20pin 。パッケージは、QFN 以外に SSOP(0.65mm ピッチ) もあって、 FT232R のピン数を減らしたものに見える。SYNCBB も使えるし、CBUS ピンもある。ただし、VIO は、1.8V 〜 3.3V (5V トレラントではある)。

    基板を作ってみたいという、妙な動機で興味を持ったわけだ。CTS/RTS しかない FT230X にするか 全部ある FT231X にするか迷っていたが、FTDI basic breakout (DTR + CTS) が主流なら FT231X が無難かも知れない。あと、パッケージが小さくなっているので、AE-UM232R (というか UM232R) 互換 のボードも自作しやすいかも知れない。

    追記: USB の D+/D- には、27Ωが必要で、パッケージが小さくなっても必要な面積は減らないようだ。安いだけがメリットかも。

      AE-UM232R で気に入らないところは、足が付いてしまっているところ。外すのも難しいし、いっそのこと基板から作りたい気分になっている。ちなみに、ピン配置は、FTDI の UM232R モジュール互換で、AE-UM232R がオリジナルというわけではない。

    ... などと考えていたのだが、沢山作ってもしょうがないので、思いとどまった。とりあえず今回はメモだけ。Mouser で発注するついでに 入手しておくつもり。忘れないようにしないと。

    あと、思いとどまった理由に PIC32MX がある。PIC32MX でも QFN があって、FTDI Basic Breakout っぽいボードは作れそうな気がしている。PIC32MX を使いこなせるなら、こっちの方が良い。問題は、いつ使いこなせるようになるか。なんとかしたのだが、なかなか手が進まない。

FT231X ボード設計



    QFN-20 の FT231XQ を使った FTDI Basic Breakout っぽいボードを設計してみた。

    USB は mini-B 以外に ケーブル直付けも出来るようにしてみた。typeA オスを(裏に)付けることもできるので、シリアル側のケーブルを伸ばす使い方もできる。

    あと、シリアル側に抵抗を入れることができる。さらに RTS を引き出せるよう細工。



    こっちは、AE-UM232R っぽいボード。裏面に抵抗を入れられるようにしてみた。VCCIO は、3V3 につないであるが、パターンカットができるように配慮はした。あと、RST も VCCIO に直結しているが、プルアップ抵抗を入れられるようにした。

    CB0/CB1 は、同じピン配置にしたが、FT231X では、TXLED/RXLED が CB1/CB2 に変更されている。LED を外部に付ける場合 FTProg (MProg) で 設定を変更しないと互換にならない。



    2012/9/18 : panelize.ulp で 面付けしてみた。一枚のボードとして認識されないと面倒そうなので、自作のツール(gerbtool)は使わなかった。

    下が、PIC32MX (QFN-28) の AE-UM232R 風ボード。2 の 2 枚が、FT231XQ (QFN-20) を使った AE-UM232R 風ボード。PIC32MX だと部品点数が増えて厳しい。USB を飛び出させた分大きくなった。

    切りやすいように、基板間に、tStop/bStop ,tRestrict/bRestrict の帯を入れる。さらに、ボード厚を 1.0mm にして発注するつもり。

    ところで、panelize.ulp での面付け少しばかり不安。上の 2 枚の QFN の 裏の パターンが変わってしまっている。-- 属性が 変わったようだ。この程度なら良いけれども ... 他にもあるかも知れない。

    あと、面付けしたことで、ベタパターンが変わってしまっている。橋にまで回り込んだだけなので、問題はないが ...

    eagle ソース : PIC32MX-typeBr3-04.zip
    gerber データ:um231x-p-out.zip

注意:

    無邪気に紹介してしまったが、ロゴまでコピーしたものとか、ロゴだけ取ったコピー品とかあるかも知れない。さすがにそういうのは薦められない。

    最初のボードは、パターンが違うし、ロゴ取っているし、なんとなく ぎりぎり OK な範囲のような気がする。

    『MWC MultiWii』の方はオリジナル自体知らないので、判断できていない。買うなら独自性のあるものを選んで欲しい。あと、ファームウェアがどういう条件で使えることになっているのか知らないのだが、本来の目的では使わず 他の使い方 をすることを想定して紹介している。本来の目的で使いたいのであれば、ファームウェアの使用条件には留意して頂きたい。

Mouser メモ

    全く関係ないのだが、Mouser で買っておきたい部品のメモ:忘れないようここに書いておく。

    ERJ-3GEYJ

      1608 5% の抵抗なのだが、やたら安いらしい。

    CC0805

      2012 のコンデンサ。かなり安いような... 22pF とかの買いまし。

    LTV-0701

      高速フォトカプラ。10Mbps 以上の 高速フォトカプラ は、あまり品種がないのだが、これは 100 Mbps となっている (本当なのかどうか、未確認) 。

      10Mbps の LTV-0601 より安かったりするし、ちょっと欲しいような。 使い道も考えていないのだが ...

    PIC32MX2 (QFN-28 / QFN-44)

      QFN が欲しいのだが、いつでも在庫があるわけではないようだ。

    追記: デジキーだと PIC32MX220 の QFN-28 は、在庫がある。PIC32MX250 も 10/1 に入荷するようだ。だが、 FT231X は、12 月! 。一方 Mouser は、10月に FT231X が入荷するものの、PIC32MX250 はリードタイムも出ていない。なかなか入手できないなら、デジキーで発注をかけておこうかな ... という気になっている。
posted by すz at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58270548
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック