2012年09月20日

8桁7セグ表示ボード

aitendo の 3/4 桁の7セグLED は、アノードコモンとカソードコモンが両方ある。なら、全部並列につないでやれば、12 ピンで 8 桁に拡張できる。さらに、よくよく見れば 4 桁で小さめのサイズもある。

4桁7セグモジュール(0.36"/green)[KEM3261G]
4桁7セグモジュール(0.36"/red)[KEM3261R]

8 桁だと、6cm 幅になるが、パターンは 5cm に収まるので、表示ボードを設計してみた。

    コネクタは、12 pin + 3 pin の15 pin 。基板のサイズは、秋月C基板に近いので、固定する穴のディメンションを同じにしている。


    ボタンも付けてみた。



    ボタンの回路図はこれ。ピンを節約したかったので、ADC で読むようにしている。こういう風に接続すると、同時押しには向かないものの、制御が簡単になる。

    表示方法は、1 つのセグメントを順番に表示させるつもり。1/64 duty というわけだ。以前 8x8 のドットマトリックス LED で同じようにしたが、全然問題ない。ただ、表示順は考えておかないと ぶれたとき見にくくなる。

    u5004s-0.1.zip : ベースにする予定のコード。(メモ)

コントローラの追加

    もともと tiny2313 を付けるつもりだったのだが、うまく収まらなかった。で、表示部だけ にしたのだが、コネクタの都合もあって ADC が必要になってしまった。そうなると tiny2313 は使えない。

    で、表示部と別にコントローラ部を作ることにして、mega328 (タイプ) を使うことにした。

      後で気がついたのだが、アノード+カソードでもボタンは 7segの線と 共用できる。ADC など必要ではなかった。-- まぁ ADC での回路を作ってみたかったということで。



    結局こんなのが、出来上がった。そのままでも良いが、切り離して、T 字型に組めるようにした。表示部分のみにして、別のコントローラを使ってもよい。

    専用のコントローラ部を作ったわけだが、出来ることは多くはない。

    もともと、シリアルで受け取ったデータを表示させるだけのつもりだったのだが、これだけではもったいないような気がして、水晶を付けてみたり 、さらに外部クロック入力 や ICP を コネクタに出したりはしたが、やっぱりイマイチ。

    追記:

    PIC32MX 版も作ってみた。... のだが、PIC だと 5V トレラントのピンがあったりして、ポートの出力が均一にならない。こういう目的だと AVR の方が良さそう。折角作ったので、これも含めた eagle ファイルを置いておく。

    あと用途について。LED をダイナミック点灯させるとノイズがすごいことになる。やはりコントローラでいろいろやるのは、避けて 表示メインにしたほうが良いと思う。

    とはいえ、周波数カウンタぐらいには仕立てたい気もする。ただ、水晶 も温度で周波数が変わるし、補正する仕組みを入れたいところ。ICP と SPI はピンに出しているから、
    DS3234S
    を接続することはできる。

    DS3234Sは、結構精度が良いらしいので、この出力をもとに補正するやりかたを考えたい。ちなみに、WDT 用 RC クロックと 水晶の周波数のズレを元に温度が測定できそうな気がしている。それが出来ると、補正値も温度ごとに持てる。... 補正できてしまえば、DS3234Sを外せる。そして、外した DS3234S は、自家用基準クロックとして使いまわすのだ。

    (参考) ■ TCXO水晶内蔵 SPIバスRTC DS3234Sを制御する ■

      O-Family 氏の解説等 ... なんと 独自に翻訳した DS3234S 日本語マニュアル がある。

C-533SR + TYINY2313 版



    秋月で扱っている 3桁 7seg の C-533SR 版も設計してみた。

    6 桁になってしまうが、これも 50mm に収まる。(aitendo のやつはダメ幅が広い)。 さらに、TYNY2313 (DIP) も内側に入れられる。両方カソードコモンなので、6 桁に減っても +2ピン増える。ただし、ボタンは 共用して -1 ピン。合計 14 ピン。TINY2313 だと TXD/RXD を通信用に使っても 1 ピン余る計算。

    コネクタは、固定用の意味もあるので、そのままにしているが、VCC/TXD/RXD/GND の 4 ピンのみ使う。ISP も一応コネクタに出した。

    この基板は、組むのに手順がある。表面実装 RC → TINY2313, ISP コネクタ → 7seg の順でないとまずそう。

全体回路図:


全体回路図( C-533SR 版):

eagle ソース:
seg7disp-02.zip
posted by すz at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58397605
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック