2012年10月13日

MachXO2ボード秋月で取り扱い開始!

MachXO2 1200ZE Breakout Board を秋月が取り扱い開始した。2600 円と FPGA ボードにしては安い。FT2232H 搭載で FT2232H 単独のボードより安いぐらい。今まで記事を書いてきたが、手軽に入手できるようになって嬉しい。

    追記 2013/04/26
    秋月の MachXO2 Breakout Board が 1200ZE → 7000HE にグレードアップ。価格は 3000円。

    規模は、1280 LUT → 6864 LUT と大幅に増えた。価格はあまり変わらない。

    規模が増えるとブロック RAM も増える。26個 26KB だが、Lattice では多いほう。あと HE だから 速度的には有利(というか普通)になった。

    調べてないけど、たぶんチップを置き換えただけで、前のと互換性がある(はず)。

この機会に Lattice の FPGAボード (興味があるもので 現行品)についてまとめておこう。

MachXO2 1200ZE Breakout Board [LCMXO2-1200ZE-B-EVN]
MachXO2 7000HE Breakout Board [LCMXO2-7000HE-B-EVN]



    ・秋月 2600 円
    デジキー : 2593円
    ・Mouser: 2572円
    ・秋月 3000 円
    デジキー : 3035円

    追記 2013/04/26
    1200ZE → 7000HE にグレードアップ 旧製品はなくなった。秋月価格は 2600円 → 3000円だが 円安が理由。デジキーで見るとチップ単価は、1200ZE 886円→ 7000HE 1462円。

    さて、7000HE となったことは、大変喜ばしい。1200ZE で CPU を作ると規模がネックで厳しかったのが解消される。それだけではない。2組の CPU を入れて通信してみることもできる。同期させても良いが、外部に一旦出して 引き込むことにより非同期もテストできる。SDRAM を付けて、キャッシュ付き 32bit CPU なんてのも可能だろう。いずれトライしてみたいものだ。

MachXO2 Pico Development Kit [LCMXO2-1200ZE-P1-EVN]

LatticeXP2 Brevia2 Development Kit [LFXP2-5E-B2-EVN]

MachXO 2280 Breakout Board [LCMXO2280C-B-EVN]

まず、Lattice 社の開発ツールの Lattice Diamond は、他社のものと比べると 専有 DISK 容量が少ない。普段使っている SSD の ノートPC に入れられるので重宝している。容量が少ない理由のひとつは IP が膨大ではないこと。使い勝手はむしろ良いと思う。容量が第一の理由で Lattice で済むものは Lattice にしている。

    というか当面 Lattice を使う予定。XilinX はまたいずれ。

    初心者むきかというと .. そうでもあり、そうでもないような ... 。XilinX だと 分からない メッセージがあっても、ググれば見つかったりするが、Lattice はその面でだいぶ厳しい。開発ツールは使いやすいと思うしその点は残念。秋月での取り扱い開始で、使う人が増えて、情報が増えることを切に願う。

Lattice FPGA の中で MachXO2 は、FLASH 内蔵だし、ブロックRAM がそれなりにあるし、結構使いやすい。乗算マクロがないとか、シフトレジスタの規模が極小にならないとか Dual-Port の ブロックRAMのコストが大きいとか、少々不満はあるが、良い点も多いのだ。

良い点としては、クロック内蔵で お手軽。QFN32 や LQFP のパッケージがあって、電子工作でボードを起こしやすい。FLASH 内蔵とか レギュレータ内蔵なのも、電子工作にはメリット。さらに、JTAG を通じて通信できる。XilinX と同じ機能が使えるのは便利。

以上はチップについてだが、上記の開発ボードは、もれなく FT2232H 採用の USB ポート付き。しかも安い。USB に差し込むだけで使えるし、とにかくお手軽。

    これらのボードには JTAG コネクタも付いている。JTAGENB にスライドスイッチを付け、JTAG を無効にするコンフィグを書き込めば、出力としての転用も可能。-- 要するに JTAG ケーブルにできるのだ。( LCMXO2280C-B-EVN 以外)

LFXP2 は、使ったことがないのだが、乗算マクロがあるし、LFXP2-5E-B2-EVN では SRAM も付いている。ちょっと興味がある。(ただ、プロセッサを設計するときしか必要ないし、当面は手が回らない。)

LCMXO2280C-B-EVN は、MachXO で古い。ブロックRAM も少ない。だが、これもメリットがある。I/O ピン 数が多いのだ。こういう BGA のチップを 電子工作で使うわけには行かないので、ありがたい存在。

紹介したなかで、お薦めなのはやっぱり LCMXO2-1200ZE-B-EVN ではないかと思う。余計なものは付いていないしすなお。スイッチを組み込めるエリアもある。4000ZE/7000ZE といった大規模チップに換装可能だと思うし改造の楽しみもある。

関連記事
posted by すz at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | MachXO2
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59184776
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック